[深掘りTMS2017]ホンダEV兄弟は、後輪駆動だった!

Honda at Tokyo Motor Show 2017

ホンダEV戦略は2019年から本格化

東京モーターショーで世界初披露となった、ホンダ スポーツEVコンセプト。横から見ればロングノーズ&ショートデッキ、前から見ればワイド&ローという、超典型的なスポーツカーのプロポーションだ。一方、可愛らしいフロントフェイスは東京モーターショーの約2カ月前、フランクフルトショーに出展されたホンダ アーバンEVコンセプトと同じ。真っ黒な横長液晶グリルに丸いヘッドライト……この2つのコンセプトカーは、”兄弟”モデルである。

アーバンEVは、その名のとおり都市部で使われるシティコミューターEV。新開発のEV専用プラットフォームを採用し、キビキビとした走りの楽しさをうたう。初代シビックを匂わせる可愛らしさ、シンプルな造形は、ホンダラインアップでも貴重かつ新鮮だ。

 

スポーツEVコンセプト市販型は、2021年に登場!?

さてスポーツEVだが、アーバンEV同様に人に寄り添うAI技術と走りの楽しさをうたうEVスポーツカーだ。前輪駆動っぽいスタイルのアーバンEVとプラットフォームを共有化するだろうから、スポーツEVも、「スポーツカーなのに前輪駆動か」と思っていた。

だが……どうやらこの2台、後輪駆動らしいのだ!

もちろん、ホンダは正式には語っていない。編集部の予想、ということにしておこう。

この2台を走らせるとしたら、モーターはホンダの「スポーツハイブリッドi-MMD」で駆動用に使っているモーターがベースとなるはず。そのスペックは184ps/32.1kgm。アーバンEV、スポーツEVともに全長4m程度のボディだから、十分スポーティに走らせられるだろう。

絵空事ではない証拠に、ホンダはアーバンEVをベースとした市販モデルを2019年に欧州、そして2020年に日本でも発売すると正式に発表した。スポーツEVの市販型は、おそらく翌年、2021年になる?

スポーツカーの新しいカタチを、ホンダが示してくれようとしている。ぜひとも市販まで持っていってほしい!