親子で楽しく”電動車”について学べるゲーム。三菱自動車が「ごっこランド」にパビリオンを出店

三菱自動車は、キッズスターが提供する社会体験アプリ「ごっこランド」に新規パビリオン「はしれ!!でんきじどうしゃ」を2019年4月26日に出店した。

「ごっこランド」は、「なりきり」や「ごっこ」遊びなどの職業疑似体験を通じて、”社会の仕組み”を親子で一緒に遊んで学べる無料アプリ。さまざまな業態の企業25社が出店しているが、自動車メーカーとしては三菱自動車が初となる。

●三菱自動車が社会体験アプリ「ごっこランド」に出店した「はしれ!!でんきじどうしゃ」

三菱自動車が出店する「はしれ!!でんきじどうしゃ」は、自動車の組み立て工程をパズル形式で体験できる「じどうしゃこうじょうたいけん」、画面をタップして太陽光や風力にやる発電量を増やし、EV走行距離を競う「はしれ!!でんきじどうしゃ」の2種類のゲームで構成される。ガソリン・ディーゼル車とEV・プラグインハイブリッド車(PHEV)の構造の違いのほか、電気が持つエネルギーソースの多様性という価値を楽しみながら学べる。

今後、全国の三菱自動車販売店のキッズコーナーでも楽しめるように配備をすすめる方針とのこと。

三菱自動車は、これまで職業・社会体験施設「キッザニア」への出展や、小学生向けの出前授業、工場見学受け入れなど、次世代を担う子供たちの育成にも積極的に取り組んできている。今回の「はしれ!!でんきじどうしゃ」を出店した「ごっこランド」の推奨年齢は2歳からとなっていることから、そうした取り組みの裾野をさらに広げるものとなる。

 

「ごっこランド」のダウンロードはこちらhttps://kb8x3.app.goo.gl/shZA

※アプリはApp StoreもしくはGoogle Playでの販売(無料)となる

 


三菱自動車

https://www.mitsubishi-motors.co.jp