SUPER GTのFRO車両が日産の高性能SUV「パトロール NISMO」に! 5月4日FSWで贈呈式を実施

日産は2019年4月26日、GTアソシエーションが運営する「SUPER GTシリーズ」のファースト・レスキュー・オペレーション(FRO)車両として、「パトロール NISMO」を提供すると発表した。

2019年5月4日にSUPER GT第2戦の決勝レースが行われる富士スピードウェイで贈呈式を実施する。

FRO車両は、レース中にアクシデントが発生した際に、ドライバー、ドクター、レスキュー、スタッフが乗車し、迅速に救助活動を行うことを目的としたレスキュー車両だ。

今回、日産が提供する「パトロール NISMO」は、日産が60年以上にわたり世界の過酷なレースで戦い、勝利を収めてきた経験と知識を基に、高度なレーシングテクノロジーを搭載した高性能「NISMOロードカー」シリーズの1モデルである。

 

●SUPER GTのファースト・レスキュー・オペレーション(FRO)車両となる「パトロール NISMO」

現在、中東・ドバイで販売されており、そのスペックはというと……。

5.6リットルV8ガソリンエンジンは、”匠”の手によるチューニングで最大出力をベースの400馬力から28馬力アップの428馬力を発揮。最大トルクは560Nmを発生する。ボディにはゼロリフトを実現する空力ーツが装着されるほか、補強が施される。さらにNISMOチューンのパワーステアリングや、ビルシュタイン製ショックアブソーバー、専用の22インチRAYS製鍛造アルミホイールを装備するなどして、大柄なボディ(全長約5.2m×全幅約2m×全高約1.9m)からは想像もつかない俊敏なハンドリング性能も併せ持つハイパフォーマンスSUVだ。ちなみに市販モデルの価格は37万7000ディルハム(日本円で約1146万円)となっている。

これまでFRO車両として活躍した「スカイラインクロスオーバー」に代えて、「パトロール NISMO」が SUPER GTのレース活動を支えていくこととなる。

 

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


日産

http://www.nissan.co.jp