新型Bクラスが、ついに日本上陸。Aクラスに続いて、人気のMBUXとディーゼルも搭載!

 

待望のBクラス、ついに国内で予約開始

メルセデス・ベンツ日本は、2019年6月6日に新型Bクラスを発表。同日より予約を開始した。ガソリン車の「B180」が7月に、ディーゼル車の「B200d」は10月にデリバリー開始をそれぞれ予定している。価格は384万円から。

 

 

7年ぶりとなったフルモデルチェンジ。新型はメルセデスの最新技術が惜しみなく投入されてる。すでにAクラスでも採用された対話型マルチメディアシステム「MBUX」をはじめ、ディーゼルモデルには最新のトランスミッションである8速DCT、先進安全運転支援はSクラスと同レベルのシステムが与えられた。

 

内外装のデザインも、最新メルセデスのデザインフィロソフィーにのっとったものになった。一見Aクラスにも似たように見えるが、フロントのヘッドライトは少し丸みを帯びていたり、ラインやエッジを大幅に削減した輪郭を採用。また、上下方向に細いヘッドライトデザイン、低く構えた姿勢のフロントエンドなどスポーティな雰囲気のなかにもBクラスのオリジナリティが細部で生きている。

●商品企画2課の中山 怜氏と

 

 

インパネの大型液晶パネルは、Aクラス同様バイザーレスタイプを採用した。もちろんBクラスならではの広い室内空間と優れたユーティリティは引き継がれ、さらに快適性の向上もはかられている。

 

●先進的なデザインのコックピットは、運転がさらに楽しくなる

 

 

前席の室内幅を33mm、フロントヘッドルームを5mmそれぞれ拡大し、リヤシートは4:2:4の分割可倒式へとアップデートされた。

●シートアレンジの幅が広がり、様々な形の荷物をのせられる

 

●後部座席もレーシーな雰囲気

 

 

おしゃれブランド✕クルマ=無限大!? コラボ

6月6日の発表会では、会場外にファッションブランド「ビームス」とコラボした空間が出現。Bクラスの世界観をより深く味わえる。
Bクラス ✕ ビームスのコラボレーションは今回だけに限られない。Bクラスのキャッチコピー「B Happy!」をポイントに加えたTシャツの発売 (メルセデス ミー 東京、メルセデス ミー 大阪、メルセデス ミー 東京羽田、メルセデス ミー 銀座 ザ リミテッド ストアほか全国の正規販売店、ビームス 六本木ヒルズにて販売) や、人気イラストレーターがデザインしたLINEスタンプの配布も行う (LINE経由でメルセデス ミーに会員登録する必要がある)。

 

 

 

プレミアムブランドのファミリーカーとしてだけでなく、メルセデス・ベンツらしさを大幅にプラスしてきた新型Bクラス。既存オーナーだけでなく、新たなファミリー世代にも十分アピールできる魅力的な1台と言えるだろう。

 

<文・写真=編集部>


メルセデス・ベンツ  オフィシャルサイト