自宅でのEV充電が便利になる!? 日産がディーラーで家庭用電力の代理販売を開始。2019年度後半から

●日産リーフe+

日産は2019年6月18日、同社の一部の国内販売会社の店舗で、電気自動車「LEAF(リーフ)」を購入した人を対象にした家庭用電力の代理販売(*)を開始すると発表した。本年度後半よりサービスを開始する。このサービス開始にあたって、まずはエネクスライフサービス(伊藤忠エネクスグループ)、出光興産(トレードネーム:出光昭和シェル)、Looop(ループ)の3社の小売り電気事業者との協業を行うとしている。

「リーフ」は、世界初の量産型EVとして2010年に登場。2017年秋に運転支援技術を搭載した2代目が発売されて間もなくの2018年4月に国内累計販売台数が10万台を突破した。2019年1月には62kWhの大容量バッテリーを搭載した「リーフe+」を追加。WLTCモード燃費は458kmの今まで以上の航続可能距離を実現するとともに、高速走行時の加速性能を向上させている。

また、「リーフ」は電気自動車としての魅力に加え、蓄電池としても利用可能だ。ユーザーは車両に充電した電力を停電時や緊急時のバックアップ電源としても使用できる。

日産はEVを利用するユーザーの自宅での充電の利便性を高めるため、より安価な充電が可能となる電気料金プランの提供を目指して各小売電気事業者との交渉を行ってきた。伊藤忠エネクスグループのエネクスライフサービスとは、2年前から大阪の日産販売会社において、家庭用電力の販売を行っている。また、出光昭和シェルでは、ガソリン車ユーザー向けの特典に加え、2019年度4月より新たにEVユーザー向けの基本料金0円の電気料金プランの提供に向けた実証実験を行っている。

今回発表の電力の代理販売は、これまで各社と連携しながら蓄積したノウハウを活用。各販売会社にて随時展開することで、ユーザーへのより快適なカーライフを提供する。

 

*電力の供給は小売電気事業者が行う

 

*情報・価格(税込み)などは発表時のもの


日産

http://www.nissan.co.jp