ホンダ、13年ぶりにF1で勝利! レッドブル ホンダがチームの地元GPで今季初優勝

©️RedBull ●トップでチェッカーを受けるマックス・フェルスタッペンのRB15

トップチェッカー後、審議対象になるものの

2019年6月30日、FIA フォーミュラ1世界選手権(以下F1)の第9戦オーストリアGPが行われ、アストンマーティン レッドブル ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季初勝利をあげた。

©️RedBull ●フェルスタッペンがレッドブルの地元GPで、今季初優勝

フェルスタッペンは予選から速さを見せ、2番グリッドからスタート。しかしスタートで出遅れ8番手までポジションを落としてしまう。しかしその後、怒涛の追い上げを見せ、レッドブル・リンクはフェルスタッペンのオーバーテイクショーとなった。次々とライバルをパスし、69週目にはトップに立つ。

そのままチェッカーを受けたフェルスタッペンが今シーズン初勝利をあげ、ホンダにとっても2015年の第4期復活以来待望の初勝利となった。ホンダがF1で勝利したのは、2006年のハンガリーGPにおけるジェンソン・バトン以来。じつに13年ぶりの優勝となった。

©️RedBull ●表彰式でのフェルスタッペン
©️RedBull ●ホンダにとっても記念すべき勝利。フェルスタッペンはポディウムで胸のホンダマークを指差す
©️RedBull ●チーム代表のクリスチャン・ホーナー氏と抱き合って喜ぶ、ホンダF1マネージングディレクターの山本雅史氏

レース終了後、ルクレールを抜く際にフェルスタッペンがコーナー出口で接触した件で、スチュワード(F1の審判団)の審議対象となった。今シーズンはこのスチュワードの裁定で順位が入れ替わるレースがあり、批判も続出していた。だが、今回の接触はレーシングアクシデントとの裁定が下り、お咎めナシ。見事、フェルスタッペンが優勝を飾っている。