「GR Supra GT4」が2020年から販売開始。トヨタはカスタマーモータースポーツにさらに力を入れていく

TOYOTA GAZOO Racingが2019年7月4日、カスタマーモータースポーツ車両「GR Supra GT4」を2020年から販売すると発表した。2019年より販売を開始したTOYOTA GAZOO Racing初のグローバルモデル「GRスープラ」をベースとしたレース仕様車で、開発と製造はトヨタの欧州でのモータースポーツ活動を担当するトヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH=TMG)が行う。そのほか、車両諸元の詳細や販売価格、販売地域および時期にについては年内に発表予定とのことだ。

また、「GR Supra GT4」を販売するにあたり、Ravenol(ラベノール)、Pirelli(ピレリ)、Akrapovič(アクラポヴィッチ)が技術パートナーとなり、ラベノールは潤滑油、ピレリはタイヤ、アクラポヴィッチはモータースポーツ専用エキゾーストシステムに関して協力することとなった。

 

「GR Supra GT4」の販売を決定した理由としてトヨタは、2019年3月にジュネーブモーターショーで発表した「GR Supra GT4 Concept」に寄せられた期待や、6月のニュルブルクリンク24時間レースにでのGRスープラ参戦を踏まえたものとしている。モータースポーツを愛する世界中のカスタマーが気軽にレースを楽しめることや、トヨタがモータースポーツへの挑戦すること、そしてそこから得られたものをフィードバックしてクルマを鍛えることを目的に、カスタマーモータースポーツによりいっそう力を入れていく、とのことだ。

GT4はGT3の下に位置するカテゴリー。低コストで気軽に参戦しやすいカテゴリーとして、世界中のプライベートチームに人気となっている。日本のスーパー耐久シリーズや、欧州のGT4欧州シリーズやVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)、アメリカのミシュランパイロットチャレンジシリーズなそ世界のさまざまなレースに参戦可能だ。

すでにGRスープラは、北米のNASCARエクスフィニティシリーズに参戦している。2020年からは日本のSuper GT GT500クラスへの参戦を予定するなど、GRスープラがレースを戦う場が広がりつつある。新たに「GR Supra GT4」が加わることで、世界中のサーキットでGRスープラの雄姿が見られることになるだろう。

 


[GR Supra GT4車両諸元]

■車両
全長:4460mm
全幅:1855mm
全高:1250mm
ボディ構造:ロールケージ付きスチールボディ
フロントスポイラー:天然繊維コンポジット製
リヤウイング:天然繊維コンポジット製
燃料タンク:クイックチャージャー付きレース専用
ドライバーズシート:FIA基準レーシングシート

■エンジン、トランスミッション
型式:直列6気筒ツインスクロールターボ
排気量:2997cc
トランスミッション:スポーツオートマチック リヤ駆動
潤滑油:Ravenol
排気システム:Akrapovič製

■サスペンション、ステアリング、ブレーキ
フロントサスペンション:マクファーソンストラット
リヤサスペンション:マルチリンク
ステアリング:電動式パワーステアリング
タイヤ:ピレリ
ホイール:5穴式 11×18インチ

 

TOYOTA GAZOO Racing公式サイトはこちら

 

*製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの


トヨタ

https://toyota.jp/