メルセデスのEV「EQC」登場! CHAdeMOも対応し、航続距離は400km

●EQC 400 4マチック

1000万円超え! でも、標準装備が多い!

メルセデス・ベンツ日本は2019年7月4日、日本市場で初となるEV(電気自動車)、EQCを発表した。受注はメルセデス・ベンツ オンラインストアにて、7月18日の午前11時より先着順で、55台の初回限定車「エディション1886」の商談予約受付を開始する。デリバリーは10月より始まるが、19年中はエディション1886のみ。カタログモデルは2020年からデリバリー開始となる。価格は1080万円から。

●EQC 400 4マチック
●EQC 400 4マチック
●EQC 400 4マチック
●ブランドアンバサダーに任命された騎手の武 豊さんと、メルセデス・ベンツ日本の上野社長

欧州では6月より走り始めたツインモーターEVが、日本にも上陸した。モーターは408馬力/765Nmを発生し、80kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。6.0kWまでの家庭用充電と、50kWまでの急速充電(CHAdeMO)に対応し、航続距離はWLTCモードで400kmだ。

発表会の動画では、本国のダイムラー本社から来日した開発責任者のプレゼンが見られる。

●EQC 400 4マチック。フロントのポジションライトはグリルの上部にも備わる
●EQC 400 4マチック。流行りの一直線型リヤコンビランプを採用
●EQC 400 4マチック。フロントタイヤサイズは235/50R20
●EQC 400 4マチック。リヤタイヤサイズは255/45R20

 

既存のメルセデスモデルとはひと味違う、曲線を多用したエクステリアデザインでEVらしさを表現。その一方でインテリアは既存モデルと共通性のある最新メルセデスデザインが採用されている。先進安全支援システムもSクラスと同等のものが装備され、安全性や操縦安定性、快適性、利便性などを高レベルで実現した、メルセデス・ベンツらしいEVに仕上がっている。

●EQC 400 4マチック。フロントフェンダーには専用エンブレム
●EQC 400 4マチック。CHAdeMOのソケットは右リヤフェンダーに備わる
●EQC 400 4マチック
●EQC 400 4マチック。バンパーの角が家庭用充電口

 

またEQCは、今までオプション設定が多かった装備が、ほぼすべて標準装備になっていることもポイントだ。先進安全装備やインフォテイメントシステムのMBUX、レザーシートまで標準で設定されている。
保証に関しても、5年間または走行10万kmのいずれか早いほうまでで
・一般保証修理
・定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)
・24時間ツーリングサポート
が受けられる「EQケア」が付いてくる。高電圧バッテリーに関しても、新車購入から8年または16万km以内に、サービス工場の診断機によってバッテリー残容量が70%に満たないと診断された場合は特別保証が適用される。手厚いサポートが受けられるのは、EVが初めてというオーナーでも頼もしく感じるだろう。

●EQC 400 4マチック
●EQC 400 4マチック
●EQC 400 4マチック
●EQC 400 4マチック。センタークラスター内に小物入れとUSBソケット、カップホルダーを備える
●EQC 400 4マチック
●EQC 400 4マチック
●EQC 400 4マチック。ラゲッジ容量は500〜1460リットル
●EQC 400 4マチック。ボンネットを開けると、大きなカバーに覆われている
●EQC 400 4マチック
●EQC 400 4マチック

 

●価格とバリエーション(価格は消費税率10%込み)
EQC エディション1886(限定車)   1200万円
EQC 400 4マチック         1080万円

 

 

<文&写真&動画=編集部>


メルセデス・ベンツ オフィシャルサイト

 

最先端プレミアム7シーターSUV登場! メルセデス・ベンツ GLE