新型タントの宣伝タントー? 大泉洋がタントに「あっぱれ」連発! 巨大泉洋も出現<動画あり>

DAIHATSU TANTOのCMキャラは大泉洋!

ダイハツは、新型タントの魅力をより多くの人に体感してもらうべく、「NEW TANTO LIFE MUSEUM 」を7月13日(土)より全国各地で開催する。
そのスタートを記念して、初日となる7月13日、CMキャラクターの大泉洋さんをゲストに迎えて「NEW TANTO LIFE MUSEUM 1日館長就任式」が実施された。
この就任式に登場した大泉さんは、「タントのCMキャラクターを担当(タントー)しております……」と初っぱなからエンジン全開。CM撮影時の話を振られると、「現場では細かい動きを要求されまして……。最終的にはムーンウォークをしてくださいと言われました。この年までなかなかやったことがなかったので、練習してがんばってやりましたよ。46歳になってムーンウォークやらされるとは……」とウラ話を披露した。

「巨大泉洋」の再現度に本人も大うけ

そしてステージ上にはベールに包まれた謎の物体が……。さっそく「よいしょ〜」とアンベールすると、そこには大泉さんの顔で造られた巨大なオブジェが! 巨大な大泉洋ということで、「“巨”大泉洋(きょだいいずみよう)」と名付けられたその黄金の像を前に、驚愕の表情を浮かべる大泉さん。
「すこい! すばらしいですね。巨大泉洋さん……。スゴイ再現度ですよ。はたして目尻のしわまで再現する必要あったかどうか。若干のフケ感まで再現しちゃってるから」と、あまりの出来栄えに興奮。
MCに自身の顔の特徴を聞かれると、
「やはり目の下のクマでしょうね。あとはこのウエイビーヘア、重たいまぶた、だらしない口元、低い鼻……やかましいな!」と会場の笑いを誘った。

 

全国7都市をキャラバン

この巨大泉洋は、7月13日(土)〜15日(月・祝)までは、東京駅前のKITTEに展示。その後は下記スケジュールでイベントと一緒に全国7都市をキャラバンし、来場者を出迎える。
「ほんとに集まって写真を撮ってほしい。これにちっとも人が群がらないとかいやですよ。ずっとただあるとかやめてほしい」と、ぜひ近寄って見てほしいと呼びかけた。

7月13日(土)〜7月15日(月) 東京 丸の内KITTE
7月20日(土)〜7月21日(日) 大阪 阪急西宮ガーデンズ
7月27日(土)〜7月28日(日) 宮城 イオンモール名取
8月3日(土)〜8月4日(日) 福岡 イオンモール福岡
8月17日(土)〜8月18日(日) 広島 イオンモール広島祇園
8月31日(土)〜9月1日(日) 愛知 イオンモール名古屋茶屋
9月15日(日)〜9月16日(月) 北海道 イオンモール札幌平岡

地元である北海道にも来ると聞いた大泉さんは「両親にも会いに行かせる。おれのスゴイのが行くからって。でも一番心配なのは、終わったあと。捨てるところとか気を遣ってくださいよ。家に来られても困るけど。でも事務所(オフィスキュー)に欲しいな。ぜったい置かせる」と黄金の巨像を気に入ったようだ。


そして話題はタントの魅力へ。

そして壇上では大泉さんとタントの共通に魅力をテーマにトークが進む。

「運転席ロングスライドシート」や「ウェルカムオープンスライド」など“マルチ”な新機能を搭載したタント。大泉さんの“マルチ”な活躍についても「事務所の社訓が、マルチになれ、なんです。バラエティーをやったり、役者をやったり。この間はラグビーをやりました(TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」)。この年で全力トライを決めに行きましたよ」と、始まったばかりの主演ドラマについても語ってくれた。

タントについても、「ミラクルオープンドア」を実際に開け放って「ピラーがないことによる、開放感と乗り降りのしやすさがすごいですね。普通はこんなことできないですよ」と、勢いよく何回も乗り降りする大泉さん。

運転席が最大540mmスライドし、運転席と後席への車内移動が楽になる「ミラクルウォークスルーパッケージ」については、「チョー便利ですよ。例えば後ろに子供を乗せていたら、かいがいしくお世話をできる。後席にある物を取りたいときも、この年になって体がひねってやると、どこかつるんですよ。それがこれだけ運転席が動くとチョー便利。あっぱれ!」と絶賛。ちなみに運転席を540mm動かすには、シフトをパーキングに入れておく必要がある。


予約スイッチを押したキーを持っていれば、近づくだけでスライドドアが開く「ウェルカムオープン機能」については、「やっぱり両手をふさがっているときってございますよ。子供をだっこしてて寝ちゃったとき、1回起こしたり下ろしたりは大変不便。近づいただけでキーを持っていれば開くのはすばらしい。あと子供には近づいただけで開くのを見せただけでも喜びますよ。コミュニケーションにも抜群。あっぱれ!!」と再びキレのいいあっぱれが会場に響いた。

「助手席イージークローザー」は、半ドアを防いでくれる機能。「勝手にバチッと閉まってくれるワケでしょ。大変楽です。どうしても子供とかお年寄りとか力がないから。ウチのお袋なんかもそうなんです。あっぱれ!」と3つめのあっぱれ評価。

「タッチ&ゴーロック機能」は、リクエストスイッチを押すことで、スライドドアが閉まりきる前にその場を立ち去っても自動でロックがかかる。「一瞬のことかも知れませんが、やはり便利。ちょっとでも待つのはストレス。閉まりきっていないのに、さくっと行っちゃう。それがカッコいい。まわりの人からしたら、『えっ、あの人ロックしてないのにどんどん行っちゃってる』となる。それが優越感。子供に自慢できる。『パパ、ロックは?』『いらないんだよそんなもんは』って、さく〜と行っちゃう。あっぱれ!」とリアルなシチュエーションを再現しながら魅力を解説してくれた。

「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」については、「これもうれしいですよね。まわりの速度に合わせてくれる。渋滞のゆっくりの速度にも合わせてくれるのは楽。長距離も楽でしょうね。私も長距離運転してましたらから。前のクルマに『水曜どうでしょう』の『大泉さん激突』というステッカーが貼られていたときは、すごい緊張感でしたね。恐ろしいステッカーを売ってますよ。あっぱれ」と、重厚なあっぱれを出した。

最後は「スマートパノラマパーキングアシスト」。こちらはカメラが駐車枠を検知して、駐車時のステアリング操作をアシストしてくれるもの。アクセルブレーキ操作、周囲の安全確認に専念できる。CM撮影で体感した大泉さんは「これはすごいですよ。クルクルクル〜と勝手にステアリングが回っていくんですから。指示が出るので、従っていれが、勝手に駐車が終わっちゃう。苦手な方には楽で安心な機能ですよ。あっぱれ!」とまたまた「あっぱれ」が飛び出た。
「喝も言いたかったですけど、ないですね。さすがタント!」と一日館長として新型タントのPRした。

新型タントと巨大泉洋に会いに行こう!

楽しいトークで報道陣を魅了した大泉さん。最後には、「新しいタントは今までの機能を充実させつつ、紹介したような新機能もたくさん付いている。さらに乗りやすくて便利なクルマになっています。今までのタントユーザーも満足いただけるし、軽自動車に乗ったことがない人も、魅力を体感いただけるのではないでしょうか。そして『NEW TANTO LIFE MUSEUM』が全国にキャラバンしますので、お近くのミュージアムに行って新機能を体感してみてください。私は直接行けませんが、代わりに『巨大泉洋』さんが全国に行きますので、お写真でも撮っていただいて、楽しんでください。新しいタント、わたくしともども、宜しくお願いいたします」とイベントを締めくくった。

文と写真:本誌・太田