最新作ワイルド・スピード/スーパーコンボが公開! ひと足お先に観てきたよ。

全人類待望のメガヒットシリーズ最新作がついに公開!

ケタ外れの興奮を世界中のファンに提供してきた21世紀最高のアクション“ワイスピ”が帰ってきた!
累計興行収入は日本でなんと右肩上がり、世界でも5000億円を突破し人気の衰えない『ワイルド・スピード』シリーズ。常識を超えたシリーズにふさわしく、待望の最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』は、シリーズ最大級のアクションコンボを重ねて、観るものを圧倒する!

●犬猿の仲であるホブスとショウが最強コンビに!?
●ヴァネッサ・カービー演じるショウの妹、ハッティも登場


【編集部が、ヒトアシお先に見てきたヨ!】

───性格も戦い方も正反対の2人が、いつの間にか最高のコンビネーションを見せるようになる本作。一部では「今までのワイスピシリーズとは違って、カーアクションが少ない」なんてウワサもあった。しかし、ショウのドライブするマクラーレン720Sと、敵役ブリクストンのトライアンフ スピードトリプルのカーチェイスは衝撃的! トレーラーの下をすり抜け、2階建てバスの横っ腹をぶち抜くアクションは息をするのも忘れるほど!! ショウのドライビングテクニックもヤバイが、ブリクストンのバイクは自動運転に変形機能も付いていてもっとヤバイ。クルマ好き、バイク好きも興奮間違いなしだ。(本誌・太田)

 

───正直、全シリーズを見ているわけではないけれど……。な人でも存分に楽しめちゃう本作。何が面白いってとにかくホブスとショウのカーアクションに負けず劣らず、作品中に散りばめられた面白コメディシーン! 切迫したシーンでも2人の掛け合いで緩急が生まれるトコロは、まさに海外映画って感じ。さらに、可愛くってセクシーな“ワイスピガール”からも目が離せない。ハッティ・ショウのくるくる変わる色鮮やかな衣装や、マダムMの超セクシーで危険な香りには同性の私でもクラクラ。カーアクションに素手での戦い、敵との頭脳戦ももちろん見所だけど、ワイスピに華をそえる女性やコメディシーンにもぜひ注目して見てほしい! もちろん筋肉隆々イケメン男性陣からも目が離せない〜!(本誌・大庭)

 

 

↓予告編をcheck!

以下、あらすじ


超ヤバいやつらは世界の危機を救えるのか?

英国諜報部MI6が謎のテロ組織から全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器の奪還作戦を実行。無事に回収を果たすも、突如現れた1人の男の襲撃を受け、部隊は壊滅状態に。ただ1人残されたMI6のエージェント、ハッティはウイルスを手にその場から脱走。姿を消してしまう───。

事態を重く見た政府はウイルスの回収とエージェントの保護のため、組織外の貧乏エージェントを招集。呼び出された2人の男……元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと元MI6エージェントのデッカード・ショウはいずれ劣らぬ戦闘員だが、互いの顔を見るなり「こんな奴と誰が組むか!」とブチ切れ。仲違いを続けるなか、武装集団の急激を受け、ロンドンの街で激しいカーチェイスを繰り広げる。
敵の攻撃をなんとか退けたふたりは、行方知らずだった女性エージェントのハッティを無事に保護したが、ハッティはなんとショウの妹だった!
ハッティはミッションの際に襲撃されたテロ組織からも狙われていた。組織を率いる男、ブリクストンは肉体改造を施された超人的な戦士で、銃も効かず、腕自慢のホブスもショウも1人では歯が立たない。防戦一方の状態ではどうしようもない……そしてハッティは自信の命にかかわるとある理由からテロ組織が持つ情報を必要としていた。犬猿の仲であるホブスとショウは仕方なく手を組み、彼女と世界を守ろうとする。
しかし、世界に網の目のような情報網を持つ敵が迫ってくるのは時間の問題……。
より多くの仲間と武器、そしてクルマが必要と判断し、ホブスはショウとハッティを連れて、25年ぶりに故郷・サモアへと帰郷。しかし、平和な島に強力な武器は存在せず、頼れるのは島の勇敢な男たちのみ。一方のブリクストンは最先端兵器を擁し、先鋭舞台を率いてこの島に乗り込もうとしていた。
はたしてホブス&ショウに勝算はあるのか? 大陸から遠く離れた南洋の島で、世界の命運を左右する超絶バトルの火ぶたが切って落とされる。

 

 


ワイルド・スピード/スーパーコンボ

https://wildspeed-official.jp/