加熱式タバコに新提案! 低温加熱式の新製品「グロー・センス」予約開始

本体3980円、カートリッジは各490円

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)・ジャパンは2019年8月6日、加熱式たばこのブランド「glo(グロー)」の新製品として低温加熱式たばこ「glo sens(グロー・センス)」を同月19日より発売すると発表。gloストア青山やgloストア吉祥寺、またはgloオンラインストア(いずれも東京都在住者限定)にて購入可能だ。価格は、「glo sensキット」が3980円、glo sens専用のたばこ製品として「neo pods(ネオ・ポッド)」6製品(たばこ・ポッド3個/フレーバー・カートリッジ1個入り)は各490円となっている。

リキッドが過熱されて生じる水蒸気がたばこ葉と融合

●glo sensを三分割して解説。一番上は上質なたばこ葉が入った専用ポッド。その下はフレーバー・リキッドが入ったカートリッジ、一番下はデバイスで、コントロールボタンのみで操作を行うシンプルなデザインだ

glo sensは、たばこ葉にフレーバーリキッドを融合させる「TASTE FUSION TECHNOLOGY」により、これまでなかったフレーバー体験を実現する新しいたばこスタイルを提供する。glo sensの専用パックneo podsには、約180回使用できるフレーバー・カートリッジ1個と、たばこ・ポッド3を同梱。フレーバーカートリッジ内のリキッドが加熱されて生じる水蒸気が、たばこ・ポッド内の上質なたばこ葉と融合してニコチンを抽出。本物のたばこ葉とフレーバーが融合することで臭いが少なく、有害性物質を約99%削減しながら、これまでのgloにはなかったユニークなたばこ体験と満足感を提供してくれる。

軽くて手にフィット。クリーニングも必要なし

●手にフィットしやすく、48グラムと軽量なのもうれしい

操作ボタンはひとつだけで、従来のような待ち時間はなくボタンを3回押せばすぐに最初の一服が楽しめる。人間工学に基づいた手にフィットするコンパクトな設計で、重さも48グラムと軽量。またクリーニングの必要はなく、高性能バッテリーを搭載(フル充電までは2〜5時間)しているので外出先でも一日中使える。

多様なフレーバーとデバイスを展開

glo sensスターターキットのデバイスは4色(ブラック、ホワイト、レッド、ブルー)で、さらにデバイスと組み合わせて自分らしく個性を表現できるシェル(デバイス専用アクセサリー、価格880円)10色も用意している。

●glo sensのスターターキットは4色。そのほかアクセサリーも10色用意

またglo sensの専用パックneo podsは、自分好みのフレーバーを選べるように全6銘柄の幅広いラインアップとしている。

●「ネオ・リッチ・ブレンド・ポッド」

●豊かで深みのあるアロマティックフレーバー

●「ネオ・メロー・ブレッド・ポッド」

→ほんのりバニラが香るまるみのある豊かなフレーバー

●「ネオ・クリスタル・メンソール・ポッド」

→極寒メンソールの刺激が広がるフレーバー

●「ネオ・ブリーズ・ミント・ポッド」

→メンソールとペパーミントがほんのり香る爽やかなフレーバー

●「ネオ・サンシャイン・ベリー・ポッド」

→ブルーベリーのような香りが広がる、爽快なメンソールフレーバー

●「ネオ・エレクトリック・フルーツ・ポッド」

→甘くスパイシーな赤いフルーツの香りが広がるフレーバー

 

glo sensの購入方法とは? すでに購入予約がスタート!

gloストア青山、gloストア吉祥寺およびgloオンラインストアにて購入が可能(いずれも東京都在住者限定)。数量限定発売のため、デバイス本体の購入はgloの公式ウエブサイトにて、2019年8月6日正午より抽選による購入予約を開始。販売開始は、同年8月19日からだ。

〈文=編集部〉