【交通規制】2019年8月25日(日)に東京2020大会開会式を想定した交通規制を選手村・新国立競技場周辺で実施【東京2020オリパラ】

2019年8月25日(日)に、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式を想定した交通規制が実施される。

規制エリアと時間は、選手村予定地周辺(東京都中央区晴海)で18:00ごろ〜19:30ごろ、開会式会場となる新国立競技場周辺(東京都新宿区・渋谷区)で18:30ごろ〜22:30ごろまで、車両通行止めや首都高速道路の入口・出口閉鎖などを行う。雨天決行で、荒天時は中止となる。

2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける大会輸送ルートの混雑緩和を目的とした交通マネジメントの試行(テスト)として2019年7月24日(水)と26日(金)に、首都圏において大規模な交通規制が実施された。〈8月23日(金)のテストは行わない〉

今回の交通規制はこれよりも規模は小さく、エリアも限定的である。テストの内容は、選手村と新国立競技場との間で、開会式の選手輸送を想定した25台のバスの隊列走行や、会場周辺のバスの輸送方法の確認を行う。これにあわせて、該当エリアの車両の交通規制が行われる。

テストにあたり大会組織委員会は、マイカー利用の自粛し電車を利用することや業務用車両の運行調整など、交通量低減への協力を求めている。

 

交通規制エリアそれぞれの詳細は以下のとおり。

●選手村予定地周辺の交通規制(規制時間:18:00ごろ~19:30ごろ)〈東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会発行資料より〉

選手村予定地周辺の交通規制

・首都高速10号晴海線・晴海入口を18:00ごろ〜19:30ごろまで閉鎖

・選手村から首都高速・晴海入り口に向かう、晴海三丁目交差点において、一時的に右折車線を2車線にするとともに、信号の時間を調整

・選手村予定地周辺道路の車両通行止めを実施(居住者やエリア内に要件のある人は通行可)

東京2020大会開会式を想定した交通対策のテストのお知らせ・選手村予定地周辺(PDF)

 


●新国立競技場周辺の交通規制(規制時間:18:30ごろ~22:30ごろ)〈東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会発行資料より〉

新国立競技場周辺の交通規制

・首都高速4号新宿線・外苑(上り・下り)の入口および出口を18:30ごろ〜20:30ごろまで閉鎖

・新国立競技場周辺(明治通り・新宿通り・外堀通り・青山通りから国立競技場方面に向かう)道路の車両通行止め(居住者やエリア内に要件のある人は通行可のエリアあり)

・青山通りの青山一丁目から南青山三丁目にかけて車両の駐停車禁止

・交通規制エリア内および周辺道路のパーキングメーターを休止(終日)

 

東京2020大会開会式を想定した交通対策のテストのお知らせ・新国立競技場周辺(PDF)

 

 

 

状況により首都高速道路の交通規制もあり

選手村から新国立競技場まで選手輸送を想定したバスの隊列走行テストは、首都高速道路を利用して行われる。これによりバスの輸送ルートにあたる首都高速10号晴海線入り口から4号新宿線外苑出入り口までで、交通状況に応じて、JCT方向別の交通規制などを行う場合がある。当日に首都高速道路を利用する際は、最新の交通情報などを確認してほしい。

リアルタイム首都高道路交通状況マップ(首都高技術)

 

詳しくはこちら(https://tokyo2020.org/jp/games/transportation/management-test/


〈文=編集部〉