【改良】フリード/フリード プラスに新種「クロスター」登場!

●フリード クロスター

2019年10月18日に正式発表

●フリード。ワイド感を強調するフロントバンパーが採用された

ホンダは、2019年10月18日にマイナーチェンジを予定しているコンパクトミニバン、FREED(フリード)/FREED+(フリード プラス)に関する情報を、2019年8月30日に公式ホームページにて先行公開した。価格は、未公開。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやバンパーなどのデザインを変更。フリードシリーズの特徴である親しみやすさはそのままに、より洗練されたデザインへと進化した。また先進安全運転支援システムHonda SENSING(ホンダセンシング)を全タイプに標準設定。新たに後方誤発進抑制機能も追加した。

クロスオーバースタイルが登場

●下まわりのパーツをブラックアウト。フロントバンパー下にはSUVルックのパーツが採用されている

さらに、注目は新グレードCROSSTAR(クロスター)。クロスオーバーSUVスタイルのエクステリアが特徴で、遊び心と力強さを表現。昨今のSUV人気もあり、かなり注目されそうなスタイル。内装にもブラック基調の専用コンビシートを用意、よりアクティブな印象を与えている。

●クロスターのインパネ

〈文=編集部〉