ブリヂストンリテールジャパン、AIでスタッドレスタイヤの磨耗状況を診断できるサービスを展開 

●ウェブ画像診断サービス画面(左:タイトル画面、中:タイヤ種選択画面、右:診断結果画面)

AIがあなたのタイヤを診断!

ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストンリテールジャパンは2019年9月2日、AIを用いてWeb上でスタッドレスタイヤの磨耗状況を診断するサービスを2019年9月17日より全国で開始すると発表した。

■摩耗状況 診断サービス ウエブサイト
「タイヤ館」版:https://tirecheck.taiyakan.co.jp

「コックピット」版:https://tirecheck.cockpit.co.jp

■摩耗状況 診断サービス YouTube動画サイト

このサービスは、乗用車用タイヤのトレッド面をスマートフォンで撮影し、その画像をWeb上でAIが摩耗状況を診断し、結果を表示するもの。これまで展開してきた夏タイヤのみならずスタッドレスタイヤにおいても摩耗診断が可能となる。ちなみにオールシーズンタイヤは診断の対象外。

スタッドレスタイヤは、新品タイヤの溝深さの半分(50%摩耗)までを冬タイヤ用途で使用可能。スタッドレスタイヤにはプラットホームを搭載し、溝深さが半分になったことを目視でわかるようにしているが、このサービスではAIがその溝の深さの目安を基に磨耗状況を診断。「良好」「注意」「警告」の3つのレベルで示すことができる。

タイヤ点検サービスを提供する拠点が現状するなか、ユーザー自身で簡単にタイヤの摩耗状況を確認できるサービスだ。また診断結果に基づき、気軽にタイヤの相談ができるよう、診断結果の表示後、近くの「タイヤ館」や「コックピット」での、タイヤに関する相談の時間予約サービスも一部店舗にて提供している。

〈文=編集部〉