WRC 2017 第13戦オーストラリア SS17〜21 ヌービル、来季につなげる4勝目

©Redbull  ●優勝した、ヌービルは高々とトロフィーを掲げる

第13戦 ケナードハイア ラリー オーストラリア 2017
日時:11月16~19日
サーフェイス:グラベル
SS総走行距離:318.33㎞(SS数21)
サービスパーク:コフスハーバー(オーストラリア)


Day3 SS17~21

ラトバラ、最終SSで痛恨のリタイヤ

デイ3は、雨の影響で滑りやすい路面がクルーを苦しめる。
逆転を信じて攻めていったトヨタのラトバラも例にはもれず、1位のヌービルを上まわるステージタイムを記録するものの、逆転は叶わなかった。最終パワーステージでコースアウトしてしまい、リタイヤに終わった。

ヌービルはペースをコントロールし、フィニッシュ。今季4勝目をあげた。


SS21後 総合タイム
1.T・ヌービル(ヒュンダイ)   2h35m44.8s
2.O・タナク(Mスポーツ)    +22.5s
3.H・パッドン(ヒュンダイ)   +59.1s
4.S・オジェ(Mスポーツ)    +2m27.7s
5.E・エヴァンス(Mスポーツ)  +3m05.6s
6.E・ラッピ(トヨタ)      +3m49.5s