なぜ後席は狭くなった? 新型カローラ&カローラツーリング登場

●手前からツーリング、カローラ、スポーツ。スポーツも一部改良を受け、2トーンルーフが選べるようになった

 

カローラスポーツと同じ顔のセダンとワゴン

トヨタは2019年9月17日、コンパクトセダンのカローラを名称変更とともにフルモデルチェンジし発表・発売した。同時にワゴンの「ツーリング」も発表。価格はカローラが193万6000円から、カローラツーリングは201万3000円から。

●カローラ ハイブリッドW×B
●カローラツーリング ターボW×B

1966年にデビューした「プラス100ccの余裕」の初代から、国民的大衆車として長く親しまれてきたカローラ。今では世界中の人々に愛され、150以上の国と地域で販売されているグローバルカーとして成長した。歴代の総販売台数は4750万台にまで及ぶ。

そのカローラがモデルチェンジを迎えた。ひと足お先にデビューしていたハッチバックボディ「カローラスポーツ」と同じ顔のデザイン。そして一番のトピックは新プラットフォームと、日本専用ボディの採用だろう。

この動画で、内容ほぼわかります。
ぜひご覧ください。

 

なぜ3ナンバー化にGOサインが出たか?

長らく5ナンバーサイズのコンパクトセダンとして親しまれてきているカローラにとっては、3ナンバー幅にまでボディを拡大することは死活問題だった。だが一方で、現行プリウスから始まったTNGAと呼ばれる新しいプラットフォーム「GA-C」は、3ナンバー専用設計。さあ、困ったカローラ開発陣。そこで持ち上がったのが、大ヒットを記録した3代目プリウスだった。

●リヤのコンビランプは、テールとストップランプだけがLEDとなる

 

3代目プリウスは、3ナンバー幅のボディながら多くの人々に受け入れられて、販売台数を増やしていった。その全幅は1745mm。5ナンバーサイズと呼ばれるギリギリのサイズが1695mmなので、50mm広い。それでも多くの家の車庫に収まったということになる。

●カローラ ハイブリッドW×B。トランクリッドの後端に小さなスポイラーが備わる
●カローラツーリング ターボW×Bのリヤ。テールランプの形状はスポーツと似ているが、ナンバープレートがリヤゲートに位置する。リヤゲートは樹脂製で軽量に仕上がっている
●ヘッドライトやグリルなど、カローラスポーツと共通部品も多いが、フェンダーやバンパーは専用設計

一方、すでにグローバルモデルと同じ仕様で販売しているカローラスポーツは、全幅1790mm。これでは広すぎて車庫に入れられない家も出てくる可能性が高い。そこで、今回のカローラ&ツーリングには、3代目プリウスと同じ1745mmの全幅が与えられることになった。

●登場するなり爆発的に売れた3代目プリウス。新型カローラはこのプリウスとほぼボディサイズが変わらない。まだ乗られている方で、乗り換え検討の方は、カローラがオススメです!

多くの家庭に受け入れられた、3代目プリウスのサイズ。これをカローラに当てはめるというのが、開発陣の出した答えだったのだ。