【東京モーターショー2019】ホンダ、世界初公開の新型フィットを含む二輪車や汎用機器など多数展示

早く見たいぞ新型フィット!

ホンダは2019年9月26日、10月23日のプレスデーを皮切りにスタートする東京モーターショーの出展概要を発表した。

注目は、やはり世界初公開となる新型FIT(フィット)。初代デビューは2001年。今回発表となるモデルで4代目となる。

出展概要の発表に合わせて、今回はフィットの車名ロゴが公開された。ウワサでは「初代や2代目などのシンプルなデザインをまとい、原点回帰という位置づけ」とのこと。パワートレーンには、ホンダが誇る2モーターの「スポーツハイブリッドi-MMD」の小型版を搭載。その姿は、東京モーターショー当日までお預けである。

●新型アコード
●EV専用車のホンダe

四輪車では、日本初公開として新型ACCORD(アコード)、EV専用車の「HONDA e(ホンダ イー)」を展示。また10月18日にマイナーチェンジを実施するFREED(フリード)のほか多数の市販車を展示予定だ。

二輪車や汎用機などの展示については、下記よりチェックしてほしい。https://www.honda.co.jp/motorshow/2019/

〈文=編集部〉