東京うまいものめぐり必携!「ミシュランガイド東京2018」が発売に

©MICHELIN

料理のおいしさを星の数で表す、赤い表紙のガイドブックとして有名な「ミシュランガイド」。その東京版「ミシュランガイド東京2018」が、2017年12月1日に全国の書店で発売される。11月28日には発表記者会見と出版記念パーティが東京・港区の東京プリンスホテルで開かれた。

このガイドブックは、東京の厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介。2007年にアジア初となる東京版を発行。11年目を迎える今回は11年連続三つ星の4軒を含む512軒の飲食店・レストランと42軒の宿泊施設が掲載されている。

 

[11年連続三つ星の飲食店・レストラン]

かんだ(港区・日本料理)

カンテサンス(品川区・フランス料理)

ジョエル・ロブション(目黒区・フランス料理)

すきやばし 次郎 本店(中央区・寿司)


「ミシュランガイド東京2018」の特徴は次のとおり。

・技術レベルが高く、流行の変化が速い土地柄を反映して、新たに82軒が追加された。そのうち23軒に星が付き、59軒がビブグルマン(5000円以下で良質な料理を楽しめる飲食店を評価するマーク)として掲載されている。また、掲載店のうち5軒が昨年よりも高い評価となった。

・三つ星は12軒あり、これは昨年と同じ顔ぶれ。卓越した飲食店・レストランであることが裏付けられた形だ。

・二つ星は今回2軒が追加された。港区にある中華料理店の「茶禅華」と渋谷区のイノベーティブの「傳」で、2017年にオープンした「茶禅華」は開店初年度に二つ星として評価された。

・宿泊施設については、その施設内にあり星やビブグルマンを獲得した飲食店・レストランをページ内でも紹介するようになり、情報がよりわかりやすくなった。


■概要

タイトル:ミシュランガイド東京2018
定価:本体3000円+税(税込み3240円)

発売日:2017年12月1日(地域、書店により異なる場合がある)


クラブミシュランで最新版を限定無料公開!

会員制ミシュランガイド公式webサイト「クラブミシュラン」では2017年12月1日午前10時まで、掲載店舗情報を特別に無料公開しているので、こちらも要チェックだ。


 

●ミシュランタイヤ 代表取締役社長 ポール・ペリニオ氏(左)とミシュランガイド総責任者のマイケル・エリス氏(右)

「ミシュランガイド東京2018」を発行する日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長は、「東京は、2020年に2度目のオリンピック開催地として世界の注目を浴びるメトロポリタンであるとともに、アジアで初めてミシュランガイドを発行した地でもあります。過去11年間、ミシュランガイドに変わらぬご愛顧をいただき、本当にありがとうございます。今回も、すばらしいガストロノミーの地・東京を彩る多くの掲載があります。各地から豊かな食材を集め、その良質な食材を創造力豊かな料理人の皆様が真摯に料理し、世界中の美食家を驚き楽しませる。東京を訪れる楽しさのなかに、『食』は大きなウエイトを占めていることでしょう。われわれミシュランタイヤは、タイヤやガイドを通じて旅する喜びをこれからも伝え続け、モビリティに貢献していきます。……最後に、ご旅行の際には、ぜひミシュランタイヤでお出かけください。ありがとうございました。Merci beaucoup!!」とコメントした。

また、ミシュランガイド総責任者のマイケル・エリス氏は、「寿司、フレンチ、イタリアン、スパニッシュ、天ぷら、居酒屋など、東京の食の魅力は計り知れません。このバラエティ豊かな食のセレクションこそ、ミシュランガイドの星の数で世界一を誇るガストロノミー都市・東京を象徴しています。ビブグルマンではなく、一つ星でラーメン店が掲載されているのも東京ならではの魅力と言えるでしょう。東京の食の限りない可能性は、この地の卓越した料理人や食を楽しむすべての皆様に支えられています。東京は、これからも刺激的な食体験を提供してくれると確信しています」と語った。


 

©MICHELIN  ●出版記念パーティでは、三つ星の評価で掲載される飲食店・レストランの料理人・シェフが紹介された

 


NEXT:ミシュランガイドの基礎知識!?