三菱 eエヴォリューション コンセプト -TMS2017速報-

エボの名を冠した進化系EV

e-EVOLUTION CONCEPT

クロスオーバーSUVタイプのEVコンセプト。高いオフロード性能や4輪制御技術といった三菱が独自に培ってきた技術に加え、新たにAIを融合。刻々と変化する道路環境や交通状況を認知して、ドライバーの操作から意思を的確に読み取ることで運転技量にかかわらず安全で快適なドライビングを提供する。運転技量を向上させるコーチング機能も搭載。音声対話や大型ディスプレイ表示でアドバイスを行う。気がつけば、今まで以上にクルマを乗りこなせているというわけだ。

デザイン面では、「ダイナミックシールド」を進化。さらなる空力性能の追求やブレーキの冷却効果の効率化などを盛り込んでいる。高い地上高に加えてショルダー部の張り出しやロア部の絞り込みなどでSUVらしさを強調するとともに、エンジンのないEVならではの短いオーバーハングによる軽快な運動性能を表現する。

4WDはフロントにモーターを1基、リヤには新開発の「デュアルモーターAYC」を備えたトリプルモーター方式。車両運動制御システム「S-AWC」も採用する。さらにブレーキキャリパーの電動化。駆動力や制動力をEVならではの高精度ハイレスポンスな制御があらゆる走行領域でクルマとの一体感を提供する。


東京モーターショー2017 三菱出展ブース:東4ホール EP12