シーズン幕開け!「2018モータースポーツファン感謝デー」は3月10日〜11日に鈴鹿で開催

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)は3月10日(土)〜11日(日)の2日間、モータースポーツシーズンの幕開けとなる「2018モータースポーツファン感謝デー」を開催する。

このイベントは、二輪四輪問わず、最新&往年のレーシングマシン&ドライバー/ライダーがゲスト参加。トークショーやデモラン、マシン展示、走行イベントなどで会場を盛り上げるものだ。

二輪のマシン&ライダーも集結
現役レーサーからレジェンドまでゲスト多数
新旧レーシングマシンも数多く展示

 

 

また2018年は、F1鈴鹿開催30回目となる記念の年。元F1ドライバーのジャン・アレジ氏と、息子ジュリアーノ・アレジ選手のほか、ジャンカルロ・フィジケラ氏もゲスト参加。レーシングマシンでのデモランやトークショーが予定されている。

アレジ親子もゲスト参加
元F1ドライバーのフィジケラ氏は日本でも人気が高い

 

そして今年は、新たに開催される「鈴鹿10時間耐久レース」もビッグニュース。FIA GT3、スーパーGT300クラスのJAF GT車両によって争われるこのレースの開催に合わせたゲストドライバーも登場するという。

さらに今回、新たなプログラムとして「鈴鹿8耐トワイライトデモラン」を実施。これは鈴鹿8時間耐久ロードレースを想起させるもので、夕闇のなかででマシンが激走。デモラン終了後には花火も打ち上げられる予定だ。

<トワイライトデモラン 参加予定選手>
【Kawasaki】渡辺一馬選手(Kawasaki Team GREEN )
【SUZUKI】加賀山就臣選手、浦本修充選手(TEAM KAGAYAMA )
津田拓也選手(ヨシムラスズキMOTUL RACING)

鈴鹿8耐を連想させる夕暮れ時の走りを再現

 

ほかにも、毎年恒例の「永遠のライバル対決 星野一義 VS 中嶋 悟~THE LASTBATTLE~」や、全日本スーパーフォーミュラ参戦ドライバーによるデモレースなど、盛りだくさんのコンテンツで来場したファンを楽しませてくれる。

数々の名場面、珍プレーを生み出してきた2人の勝負もこれで見納め?
スーパーフォーミュラのニューマシンが走る!

 

 

また、もっとイベントを満喫したい人のために、「シーズンキックオフパーティー」も開催。これは、3月10日の18時30分から、鈴鹿サーキットレストランS-PLAZA サクラホールで行われるもの。チケットを事前購入すれば参加できる。星野一義、中嶋 悟、フィジケラ、アレジ親子といったゲストによるトークショーと、ビュッフェスタイルのディナーが楽しめる。このパーティーのチケットは、1月16日から鈴鹿サーキットのオンラインショップで販売されている。価格は、大人:8000円、小学生:3400円、幼児:1100円だ。

 

「2018モータースポーツファン感謝デー」
入園料
大人:1700円
子供:800円
幼児:600円

鈴鹿サーキット公式ウェブサイトから無料で5人まで入場できる特別招待券がダウンロード可能。お得な特別招待券をダウンロードして家族や仲間と会場へ遊びに行こう!

 

問 鈴鹿サーキット
059-378-1111
http://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/