SNS映えするメニューは? 陳建一や”もえあず”が舌鼓。 第12回 NEXCO東日本 新メニューコンテストのグランプリ決定!!

NEXCO東日本は2018年3月20日、平成29年度「NEXCO東日本 新メニューコンテスト」の決勝大会を開催した。

これは、NEXCO東日本管轄のサービスエリア・パーキングエリア(SA・PA)において、地域の特徴や特色を生かした個性的で魅力のある店舗を目指し、その”華づくり”の一環として毎年行われるもので、今回で12回目となる。

42店舗がエントリーし、それぞれが考案した独創アイデアの新メニューを2017年11月1日から各店舗で販売。12月に7ブロックに分かれた予選会が行われ、これを勝ち抜いた10作品が決勝大会に挑んだ。

決勝大会は食糧学院 東京栄養食糧専門学校(東京都世田谷区池尻)で行われた。審査員長に四川飯店グループオーナーシェフである陳 建一さんを迎え、特別審査委員は食糧学院 東京調理製菓専門学校 校長の拓殖末利さんや、審査委員には大食いグルメアイドルで「NEXCO東日本SA・PAグルメアンバサダー」を務めるもえのあずきさん、高速道路のB級グルメレポーターの川瀬良子さん、モータージャーナリストの岩貞るみ子さん、ネクセリア東日本代表取締役社長・村山和夫さんら総勢6人が、全メニューを試食してグランプリを決めた。

●審査委員長の陳 建一さん(左)と、もえのあずきさん(右)
●川瀬良子さん(左)と特別審査員の拓殖末利さん(右)
●村山和夫さん(左)と岩貞るみ子さん(右)

 

今回のテーマは「地元食材をアレンジしたごちそうメニュー」

作品は「テーマとの整合性」、「視覚」、「試食」の3つのカテゴリーについて審査される。「テーマとの整合性」では、地元食材が効果的に使われているか? や、開発ストーリーやネーミングが合っているか。「視覚」では、見た目でのおいしさの表現だけでなく、SNS映えする工夫がなされているか。「試食」は、味についての評価はもちろんのこと、1500円という価格に見あう内容となっているか。などがチェックされた。

開会式の後、審査員による調理会場の見学が行われた。

出場者によるプレゼンテーション。持ち時間3分で施設紹介や作品、使われる素材などを独自色を出しながら説明していた。

それぞれの料理を6分間で試食。10作品分すべての料理を口にして、味やメニューのバランスなどを総合的に評価し採点。

グランプリは「君への手紙〜TOMOBE SA “FT.”M.STYLE〜」

グランプリの栄誉を勝ち取ったのは、常磐自動車道・友部SA(上り)/東武食品サービスの「君への手紙〜TOMOBE SA “FT.”M.STYLE〜」

グランプリを受賞した常磐自動車道・友部SA(上り)の菅沼眞二シェフは、「グランプリを受賞できてほんとうにうれしく思います。”新メニューコンテスト”ということで、日本そばにデュラムセモリナを混ぜるという新しいチャレンジに挑みつつ、SNS映えを意識したコラボ器や、女性のあいだで流行しているチーズを取り入れた渾身のメニューを考案しました。今回はみんなで勝ち取った賞だと思います」と語った。

 

準グランプリは、東北自動車道・長者原SA(上り)/グリーン・グリーンの「伊達なcuisine誉~政宗公の城下食彩探訪~」

 

審査員特別賞は、東北自動車道・岩手山SA(上り) /岩手県北自動車の「ボヌール八幡平」と、東北自動車道・那須高原SA(下り)/ロイヤルホールディングスの「栃木おもてなし3段御膳」

●「ボヌール八幡平」東北自動車道・岩手山SA(上り)
●「栃木おもてなし3段御膳」東北自動車道・那須高原SA(下り)

 

審査員長の陳 建一さんは決勝大会について、「12回目のコンテストとなりますが、今回もたいへんすばらしい作品に出会えました。みなさんの顔を見て、その思いに触れると、料理人はもちろんのこと、お客様に対してサービスする人たちの顔も思い浮かぶようです。」と語った。

審査については「作品はすばらしいものばかりで、審査に疲れました。みなさんの熱い思いが伝わってきて、正直点数は付けたくないです! もうやめよう!」とレベルの高い作品を採点する難しさを軽妙な語り口と冗談を織りまぜた。

「でも、コンテストでは順位を付けなくてはなりません。順位ではなく、ここにいる全員が地元に誇りを持って帰っていただくことが一番大切です。今後のいっそうのご活躍に期待しています」と締めくくった。

 

 

なお、これらの作品は2018年5月31日(木)まで、それぞれのSAにて販売されている。価格は1500円。”ドライブの途中で立ち寄ったときに”ではなく、気になるメニューがあれば、それを”食べに行く!”ドライブとしても、十分話題性のあるメニューばかりだ。行楽ドライブのプランにぜひ組み込んでみてはいかがだろう。

ドライブプランの検討やルート情報は、全国の高速道路情報サイトドラぷら E-NEXCOドライブプラザ


NEXT:決勝大会の全作品