ホンダが認定中古車の基準を厳格化。中古車事業を刷新……その内容とは?

国内中古車事業を刷新

ホンダは2019年8月6日、取り巻く市場環境の変化や多様化するユーザーニーズに対応すべく、2019年10月より中古車に関する3 つの取り組みを順次展開し、国内中古車事業を刷新すると発表した。これにより、信頼性の高いホンダ中古車を、豊富な在庫のなかから、より安心して購入できるようになる。

認定中古車制度の刷新

2019年11月より、認定中古車の基準を厳格化するとともに、「Honda認定中古車U-Select(ユーセレクト)』というブランドを新たに立ち上げる。認定中古車U-Select は、ホンダ車であること、修復歴(※1)がないこと、第三者機関による車両状態証明書が発行されていることの3つの条件を満たした中古車に限定。さらに、U-Select の認定条件に加え、年式、走行距離といったさらに厳しい条件を満たす中古車(※2)をU-Select Premium(ユーセレクト・ プレミアム)とする。その結果、安心かつニーズに合った中古車を提供することが可能となる。

チャネル名称と店舗デザインの変更

認定中古車制度の刷新に伴い、中古車販売チャネル名称である「オートテラス」を「Honda Cars・U-Select(ホンダカーズ・ユーセレクト)」に変更。これに伴い、店舗イメージカラーを、従来の緑から Honda Carsと同じ白を基調としたものに統一。店舗デザインの 切り替えは、2020 年3月末までに完了する予定。

システム導入による中古車事業ネットワーク化

従来、Honda Cars個社ごとに管理されていた中古車情報を、システムによりネットワーク化することで、Honda Cars 間のデータ連携を強化。具体的には、中古車購入時に、全国 Honda Carsの中古車在庫から車両を選択することが可能になる(※3)など、全国の Honda Cars ネットワークを活用した中古車事業を展開していく。

※1)修復歴車は一般財団法人日本自動車査定協会が定義する車輌の骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものを指す
※2)年式 5 年未満、走行距離 5 万キロ未満の車両
※3)2020 年夏から開始予定

〈文=編集部〉