“オープンモデル”もあった!初代A70スープラ

言わば“手動メタルトップ”仕様

1986年2月に発売されたA70型「初代スープラ」ですが、6月にはルーフを脱着できる「エアロトップ」というモデルも登場しました。時はバブル景気へと向かう最中、よりラグジュラリーな方向性も意識されていたんですね!

●エアロトップは2.0GT、2.0GTツインターボ、3.0GTターボに設定され、各通常モデルより約20万円高い価格でした(当時価格259万1000円~353万7000円)。

サンルーフやTバールーフよりも開放感あるオーブンドライビングを楽しめるモデルとして、初代スープラに設定されたのがこの「エアロトップ」です。
さて、オープンにするにはどうするかというと、専用車載工具でルーフを固定している4本のボルトを外すだけと簡単!!……なのですが、ルーフは重さが約10.5㎏あるので少々ご注意を(その分、しっかりとした造りとも言えますが)。
取り外したルーフは、ラゲッジルームへキレイにしまうことができます。トノカバーを引けば、外から見えなくなるという細かい配慮も。ただし、ルーフを格納してしまうとラゲッジルームに荷物はほとんど入らなくなってしまうので「荷物いっぱい連泊ドライブの途中で気軽に屋根を開けたり閉めたり」というのはちょっと厳しいかもしれません。

●ルーフパネルはスチール製なので、10.5㎏あるのも仕方なし……ラゲッジルームへはこのような感じでスッポリと収まります。
●コンソールボックスに収められている専用車載工具でボルトを外すだけ、とロックの解除は簡単。

走りは“ゆるキャラ”だった!?

デビュー当時の試乗記(ドライバー1986年8月20日号)によれば……「ルーフカットによってボディ剛性が落ちたこともあり、ノーズを一度でラインに乗せづらい。フワッとロールが残ったりして、感覚とぴったりフィッティングしない」、「路面にうねりがあったりするとフロントウインドが振動する」など、オープン化によってある程度走行性能は犠牲になってしまったようです。
しかし、最新の技術ならそれらを両立できるかもしれません。ソフトトップのBMW Z4と共同開発された新型スープラなら、走行性能の高いメタルトップスープラだって不可能ではないかも?なんて、ついつい妄想が膨らんでしまいませんか。

初代スープラってどんなクルマ? playback the magazine 1986[前編]

(まとめ●オールドタイマー編集部・上野)