【TMS2019】三菱、発売間近!?の次期型「eKスペース」コンセプトモデルを公開

三菱自動車は、2019年10月23日、東京モーターショー2019で軽コンセプトカー「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)」を世界初披露した。

この軽コンセプトカー「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT」は、激戦区のスーパーハイトワゴン市場に、新世代軽自動車の第2弾として、本年度内の発売を計画しているという。これはeKスペース後継モデルなのである。

「SUPER HEIGHT K-WAGON CONCEPT」は、「いろいろなところに行ってみたい、もっと遠くまで行ってみたい」というドライバーの気持ちに応える新世代のスーパーハイト軽ワゴンだ。スーパーハイト軽ワゴンならではの広々とした居住空間を実現。同カテゴリーに求められる性能と機能を盛り込み、三菱自動車らしいSUVテイストのデザインとしている。

 

力強くダイナミックなSUV風デザイン

エクステリアデザインでは、フロントフェイスに三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。垂直に通したメッキバーと水平基調のグリルを組み合わせた。

サイドビューは、ロングホイールベースを生かしたキャビンシルエットと、エッジの利いた動きのあるキャラクターラインで力強さを表現。また、サイドシルガーニッシュとホイールアーチをブラックにし、SUVらしさを強調している。

コンセプトカーのボディカラーはオリーブグリーンとホワイトの2トーン仕様。ルーフレールをシルバーとしてアクセントとし、ホイールはボディカラーと同色にコーディネート。アクティブに活動したいドライバーに向けた、自然の中で映えるカラーリングとしている。

 

優れた快適性と質感の高いインテリア

広い居住空間はスーパーハイトワゴンならでは。特に家族での使用を想定して、後席の居住空間を最大化させた。クラストップレベルのリヤドア開口部と後席足元空間により、ゆったりくつろげる空間としている。

インテリアカラーはブラウンを基調とし、随所にオレンジの差し色をあしらうことで、シックでプレミアムな空間を創出した。シートは合成皮革とダイヤキルティングの組み合わせで、上質感を演出する。

 

キビキビした走りと先進の運転支援技術・安全装備

高性能エンジンとCVTにより、低速域から高速域までストレスなくキビキビとした走りを実現。また、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」や、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストなど「サポカーSワイド」に該当する予防安全技術「e-Assist」を採用。ドライバーの負担を軽減し、乗る人すべてに安心・安全を提供する。

 

三菱自動車の東京モーターショー2019特設サイトはこちら