ホンダ「Nボックス」が衝突軽減ブレーキ性能を向上。横断自転車検知に対応したほか、夜間の歩行者検知が進化

ホンダは2019年10月3日、軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」の一部改良を実施、全国のホンダ販売店で10月4日に発売する。価格は141万1300〜212万9600円。

 

Nボックスは、スーパーハイト型の軽自動車で、軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインが受け、2017年9月の発売以降、新車登録台数第1位を獲得し続けている人気モデルだ。

今回の一部改良では、全車に標準装備する安全運転支援システム「ホンダセンシング」の衝突軽減ブレーキ(CMBS)が横断自転車に対応したほか、夜間の歩行者検知を進化させた。ほかにもリヤワイドカメラの性能を向上させ、安心感を高めた。

●ホンダセンシングの衝突軽減ブレーキが横断自転車に対応した
●衝突軽減ブレーキは、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させた

また、運転席&助手席ヒーターと左右独立式リヤセンターアームレストを標準装備(Gホンダセンシングを除く)した。


[おもな変更点]

・先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」の性能を向上
衝突軽減ブレーキ(CMBS)は横断自転車に対応。また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させ、事故回避を支援する。

・リヤワイドカメラの性能を向上
従来の30万画素から100万画素へと画素数を向上。より明確な後方確認が可能となったことで安心感を高めている。

・快適機能の標準装備化 
従来4WD車のみに採用していた「運転席&助手席シートヒーター」および、ターボ車のみに採用していた「左右独立リヤセンターアームレスト」を標準装備とし、快適機能をさらに充実させた。

・「本革巻きセレクトノブ」を採用
Nボックス カスタムのG Lターボ ホンダセンシングとG EXターボ ホンダセンシングに、新たに本革巻きセレクトノブを採用。上質感を高めた。

●本革巻きセレクトノブ(カスタムのターボモデルに新採用)

[バリエーション&価格]

〈660ccターボエンジン・7速CVT〉

カスタムG EXターボ ホンダセンシング:FF…199万6500円/4WD…212万9600円
カスタムG Lターボ ホンダセンシング:FF…194万1500円/4WD…207万4600円
G EXターボ ホンダセンシング:FF…179万3000円/4WD…192万6100円
G Lターボ ホンダセンシング:FF…173万8000円/4WD…187万1100円

〈660ccエンジン・CVT〉

カスタムG EX ホンダセンシング:FF…180万1800円/4WD…193万4900円
カスタムG L ホンダセンシング:FF…174万6800円/4WD…187万9900円
G EX ホンダセンシング:FF…164万2300円/4WD…177万5400円
G L ホンダセンシング:FF…154万3300円/4WD…167万6400円
G ホンダセンシング:FF…141万1300円/4WD…154万4400円

 

Nボックスの詳しい情報はこちら

 


ホンダ

http://www.honda.co.jp/auto/