スバル「XV」を一部改良。2リットル車はすべてe-BOXERを搭載!安全・走行性能も向上

スバルは2019年10月10日、クロスオーバーSUV「XV」の一部改良を実施。11月15日に全国のスバル販売店で発売する。価格は220万〜292万6000円。

●アドバンス
●2.0e-L アイサイト

今回の改良では、スバル独自のハイブリッドシステムである「e-BOXER」の搭載グレードを拡大。従来の「アドバンス」に加えて「2.0e-L アイサイト」、「2.0e-S アイサイト」を追加。2リットルモデルはすべてハイブリッド化された。

走行性能もアップデート。X-MODEに雪道や砂利道など滑りやすい道の走行時に使用する「SNOW・DIRT」、深雪やぬかるみなどタイヤが埋まってしまうような道を走行するときに使用する「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを選択可能として、悪路走破性を高めた。また、「アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能」をはじめ利便性を向上させる機能を拡充している。

●アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能

 

●アイサイトツーリングアシストを全車標準装備

安全面では、アイサイトツーリングアシストを全車標準装備として、総合安全性能を向上させた。

デザイン面では、エクステリアのLEDハイ&ロービームライトやリヤフォグランプ、インテリアではマルチインフォメーションディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイ付きメーターを新意匠に変更している。

 

●1.6i アイサイト

 


[インプレッサのおもな改良内容]

■エクステリア
・新デザインLEDハイ&ロービームライト
・新デザインリヤフォグランプ

■インテリア
・新デザインマルチファンクションディスプレイ
・新デザインマルチインフォメーションディスプレイ付きメーター

■機能装備
・運転席シートポジションメモリー機能
・ドアミラーメモリー&オート格納機能
・リバース連動ドアミラー
・集中ドアロック(オートドアロック・アンロック機能付き)

■安全性能
・アイサイトツーリングアシスト
・アダプティブドライビングビーム

※グレードにより改良内容が異なる。詳しくは公式ウェブサイトで確認のこと

XV公式ウェブサイト


[バリエーション&価格]

〈4WD・2L水平対向4気筒エンジン+モーター・7速CVT〉※2019年11月15日発売

アドバンス:292万6000円
2.0e-S アイサイト:287万1000円
2.0e-L アイサイト:265万1000円

〈4WD・1.6L水平対向4気筒エンジン・7速CVT〉※2020年初頭発売

1.6i-L アイサイト:233万2000円
1.6i アイサイト:220万0000円

*製品仕様・価格(税込み)などは発表時のもの


スバル

https://www.subaru.jp/