抜群の使い勝手を生む5ナンバーサイズ!トヨタのコンパクトSUV「ライズ」が登場

トヨタは2019年11月5日、新型コンパクトSUV「RAIZE(ライズ)」を全国のトヨタ車両販売店で発売した。価格は167万9000(FF・X)〜228万2200円(4WD・Z)。

DNGAを取り入れたダイハツ「ロッキー」の姉妹車

「ライズ」はダイハツがトヨタ、ダイハツ両ブランドの商品展開を見据えて、新世代のクルマづくり「DNGA(ダイハツニューグローバルアーキテクチャー)」を取り入れて開発した初の製品。プラットフォームやパワートレーンなどすべてを新開発し、走りや質感、安全・安心などあらゆる面で高いレベルを目指して開発されたコンパクトSUVで、ダイハツが開発・製造するOEM車である。

「ライズ」は、全長3995mm、全幅1695mm、全高1620mmのコンパクトなボディサイズに、迫力のある17インチタイヤと張り出したフェンダーによるSUVらしい力強さと踏ん張り感を表現。コンパクトSUVクラストップレベルの大容量の荷室に加え、リヤシートを倒せば長尺ものも収納可能な大空間を確保する。さらに随所に収納スペースを配置して利便性を高めるなど、使い勝手のいい室内空間を実現した。

走りの面では、新開発の軽量高剛性ボディやサスペンションにより優れた操縦安定性と快適な乗り心地を実現。1リットルターボエンジンに、スプリットギヤを用いたCVTユニット「D-CVT」を組み合わせることで、1.5リットルクラス相当のトルクならではの走る楽しさと省燃費性を両立させた。

安全面では、車両と歩行者を検知する衝突回避支援ブレーキ機能やブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)などを採用した最新の「スマートアシスト」を設定する。

 

SUVらしいエクステリアデザイン

コンパクトサイズでありながら、大径の17インチタイヤと張り出したフェンダーにより、SUVらしく堂々としたふんばり感のあるシルエットを表現。フロントフェイスはダイハツ「ロッキー」とは面持ちの違う仕立て。角張ったバンパーコーナー形状や台形ロアグリルにより、力強さとワイド感を表現している。また、薄型LEDヘッドライトや、右左折時に車両内側から外側へ流れるように点灯するLEDシーケンシャルターンランプを採用するなど、先進性を演出する。

ボディカラーには、アクティブ感を強調する新開発のターコイズブルーマイカメタリックを含む全8色を設定。ターコイズブルーマイカメタリックを含む全3色にブラックマイカメタリックのルーフを組み合わせた2トーン仕様も設定するなど、カラーバリエーションも豊富だ。

 

上質感と遊び心あるインテリア

インテリアでは、運転席の視界のよさに配慮したインストルメントパネルに加え、運転席側に向けて配置された操作パネル類、左手を伸ばした自然な位置に配置したシフトレバーなど、運転に集中できる環境を実現する。フロントシートは、座面サイドサポート部の角度を高く設定し、背面部とサイドパッドの硬度に差をつけてホールド性を向上させた新形状シートを採用した。また、随所にメッキ加飾や赤のアクセントカラーを配置し、上質感と遊び心を演出する。

 

メーターには、LEDデジタルスピードメーターと7インチTFTカラー液晶ディスプレイをシームレスに表示してフルスクリーンのような先進感を表現。メーターデザインに「先進」、「ワクワク」、「シンプル」、「アナログ」の4種類を用意。好みのパターンを任意に選択可能だ。

 

広い荷室空間と多彩に使える収納スペース

ラゲッジスペースは、荷室長755mm、荷室幅1000mm、荷室高865mmと十分なスペースを確保。付属の2段可変式デッキボードを活用すれば、荷室の高さや容量を変えることができる。デッキボードを下段にセットすればコンパクトSUVトップレベルの369Lの荷室容量を実現。デッキボード上段時には、後席シートを前倒しすればフラットで奥行きのある空間となり、長尺ものも収納可能。デッキボードを取り外せば観葉植物など背丈のある荷物も収納できるなど、さまざまな使用シーンに対応する。

前後のシート間隔を900mmを確保して、後席でもゆとりのる空間を確保しているのも見逃せない。

 

 

基本性能を高めた新プラットフォームを採用

骨格形状の最適化や、軽量かつ強度の高い高張力鋼板を適材適所に使用することで、高いボディ剛性を確保。車高を感じさせない安定した車両挙動を実現した。サスペンションは、フロントにストラット式、リヤにトーションビーム式を採用。部品形状の最適化や軽量化、取り付け位置、角度などを見直し新たに開発。路面からの突き上げや振動に対して早い収まりやフラットな乗り心地、ロールを抑えた安定した走りを実現する。

1Lターボ+D-CVTがトルクフルかつ省燃費性を実現

パワートレーンは、1リットルターボエンジンに、トヨタ初となるスプリットギヤを組み込んだD-CVTをドッキング。走る楽しさと省燃費性を両立させた。1.5リットルクラス相当のトルクを低速から幅広い回転域で発揮。力強い加速を実現する。燃費性能は、WLTCモードでFF車が18.6km/L、4WD車が17.4km/Lを実現する。D-CVTは、従来のベルト駆動式CVTにスプリットギヤを組み込むことで、高速域では「ベルト+ギヤ」駆動となり伝達効率が向上。変速比幅を広げることで、低速域でのパワフルでスムーズな加速と、高速域での低燃費で静かな走りを実現している。

 

新開発の4WDは電子制御で走行性能が向上

4WD車には、電子制御式カップリング機構を用いた「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。走行状態や路面状況を検知し、ECUで前後輪に細かなトルク配分を行うことで安定した走行性能を実現。滑りやすい路面では後輪駆動力へ高めることでスリップを抑制し安定性を向上。滑らない路面では後輪駆動力を下げることで燃費向上に貢献する。走行中のトルク配分はマルチインフォメーションディスプレイで確認可能だ。

 

安心感を高める先進安全装備も充実

安全面では、進化した「スマートアシスト」を搭載。前方車両の追従走行を支援する「全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール」や、駐車時に音声案内やモニターガイドとステアリング操作で駐車操作をサポートする「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」、歩行者や車両などを検知対象とした「衝突警報機能および衝突回避支援ブレーキ」、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する「ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)」など、ドライバーの安心で快適な運転をサポートする。

このほか、スマートフォンと連携する9インチディスプレイオーディオを全車にパッケージオプションとして採用。SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作できるようになるなど、ユーザーの選択肢を拡大する。

なお、「ライズ」は、トヨタが提供する愛車サブスプリクションサービス「KINTO ONE」に、2019年11月12日からラインアップに加わる。

「KINTO ONE」は、任意保険、定期メンテナンス、自動車税、故障修理、登録諸費用・税金などがパッケージ化された月額定例サービスで、ライズは月額3万9820円で使用できる。

 


[バリエーション&価格]

〈1Lターボ・7速CVT〉
Z:FF…206万円/4WD…228万2200円
G:FF…189万5000円/4WD…213万3700円
X S:FF…174万5000円/4WD…198万4800円
X:FF…167万9000円/4WD…191万8800円

※販売店:全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店ならびにトヨタモビリティ東京

 

■Z(4WD・7速CVT) 主要諸元[ ]内はG(FF・7速CVT) 【寸法・重量】 全長:3995㎜ 全幅:1695㎜ 全高:1620㎜ ホイールベース:2525㎜ トレッド:前1475㎜/後1470㎜ 最低地上高:185㎜ 車両重量:1050[970]㎏ 乗車定員:5人 【エンジン・性能】型式:1KR-VET 種類:直3DOHCターボ 総排気量:996cc ボア×ストローク:71.0㎜×83.9㎜ 最高出力:72kW(98ps)/6000rpm 最大トルク:140Nm(14.3㎏m)/2400~4000rpm 使用燃料・タンク容量:レギュラー・36ℓ WLTCモード燃費:17.4[18.6]㎞/ℓ 最小回転半径:5.0[4.9]m  【諸装置】サスペンション:前ストラット/後トーションビーム ブレーキ:前Vディスク/後L&Tドラム タイヤ:前後195/60R17[195/65R16]

 

ライズの詳しい情報はこちら

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


トヨタ

https://toyota.jp