フォレスターの2.5リッター搭載モデルにタフさを際立たせた特別仕様車「X-Edition」を発表

スバルは2019年11月26日、フォレスターの2.5リッター搭載モデルにタフさを際立たせた特別仕様車「X-Edition」を発表。2020年1月23日に発売され、価格は317万9000円。

特別仕様車「X-Edition」は、2.5リッターエンジン搭載の「プレミアム」をベースに、タフに使える装備や外観の力強さをさらに際立たせるアイテムを採用。インテリアでは、撥水機能を持つシートとカーゴフロアボードを採用し、日常での使い勝手を向上。アウトドアなどアクティブなシーンへの対応も強化している。さらに、光源にLEDを採用し、広範囲を照らすカーゴルームランプとリヤゲートランプが、暗い場所でも高い利便性を発揮する。エクステリアでは、18インチのガンメタリック塗装アルミホイールを採用。ダークメッキ加工を施したフロントグリルやフォグランプカバーと組み合わせることで、SUVらしいタフな外観に磨きをかけている。

また、アイサイトセイフティプラス(フロントビューモニター、スマートリヤビューミラー)を標準装備。前後方の死角を低減している。

【おもな特別装備一覧】
◼安全性能
・アイサイトセイフティプラス

◼エクステリア
・18インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・フロントグリル&フロントフォグランプカバー(無塗装ブラック+ダー0区メッキ加飾)
・フロント六連星オーナメント(ダークメッキ)

◼インテリア
・撥水ファブリック/合成皮革シート(シルバーステッチ)
・LEDカーゴルームランプ(リヤゲート連動)
・LEDリヤゲートランプ(リヤゲート連動)
・撥水カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付き)

◼ベース車の「プレミアム」から省かれるおもな装備
・アルミパッド付きスポーツペダル
・光輝ウインドーモール

〈文=編集部〉