新型フィットのクロスターと売れてるライズ、どっちが買い!?

SUVらしさか、クロスオーバースタイルか

快進撃を続けるコンパクトSUV、トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキー。今までスズキのクロスビーが1LクラスのSUVとして存在していたが、クロスオーバー的な雰囲気であり、軽自動車のハスラーのイメージに近いため、力強さという面ではもの足りない印象も受ける。

ライズ Z

それに対してライズ/ロッキーはまったく逆のイメージ作戦で来た。ライズ/ロッキーはダイハツが開発の主導を取り、いわゆる兄弟車。とはいえフロントフェイスは別物で、ライズは先に登場して好評となったRAV4に似たエクステリアデザインに仕上げられているのが特徴だ。RAV4は誰が見てもSUVとわかる力強いイメージで、ライズはそのエッセンスを十分に効かせている。RAV4はボディも大きくて価格も高いが、ライズは1LクラスのコンパクトSUVで価格も安いとなれば、ユーザーが放っておかないのは理解できる。

まるで独り勝ちのようなライズだったが、そこに現れたのがフィット クロスター(以下クロスター)だ。一見するとライバルになりそうもないのだが、じつはボディサイズや価格を考えると立派な競合車になる。

フィットe:HEVクロスター

今回は、2モーターハイブリッドを搭載するフィット e:HEVクロスター(FF。228万8000円)と、ライズのZグレード(FF。206万円)で比較してみたい。

じつはボディサイズも近い2台

まずボディサイズから。ライズは全長3995mm、全幅1695mm、全高1620mmと5ナンバー枠に納まる。対するクロスターは同4090mm、同1725mm、同1545(ルーフレール付き1570)mmと、サイズ的には3ナンバー。だが、これは前後バンパーデザインがクロスター以外と差別化され、少し大型化されているから。さらにSUVらしくフェンダープロテクターを装着しており、5ナンバー枠をはみ出している。全高はライズのほうがSUVらしく高めの設定であることを除けば、サイズ感はほぼ一緒と言っていい。

2台を頭合わせで並ばせて横から見ると、クロスターの全高が高く感じた。メーカーオプションのルーフレールによって全高が1570mmまで高められているためもあるが、じつはデザインの効果も大きい。新型フィットはCピラーを強調するデザインで、ルーフからボディサイドまで太いピラーが続くためリヤまわりにボリューム感がある。クロスターはルーフレールとプロテクターなどによる演出がうまく、標準車とはまったく違った雰囲気に仕立てられている。

●クロスターのステアリングはウレタン
●ライズのZグレードは本革ステアリングを採用

ドライビング時の視界を比べると意外に差が小さい。ライズは少しだけアイポイントが高いが、クロスターは例のAピラーを前に出したフロントウインドーのおかげで見晴らしがとてもいい。取りまわしも視界による差はほとんどなく、2台ともコンパクトらしく扱いやすい。

●クロスターは撥水ファブリックシートが標準となる
●ライズはGグレード以上が見栄えのいいレッドパイピング入り

運転席に座って感じる差はシートの出来栄えだ。サイズ感はほぼ同じだがクロスターは腰をしっかり支えてくれる感じで座り心地もいい。従来のSバネによる構造ではなく、面で支える上級車並みのシート構造を採用していることが効いている。かといってライズが悪いわけではないのだが。

パッケージングもじつは似通っている!?

●後席の背もたれの長さははクロスターのほうが上。アームレストも標準装備だ
●ヒザまわりのスペースはクロスターに比肩。ただアームレストは装備されない

リヤシートは、パッケージング上手のフィット(クロスター)が有利だと思っていたが、比べると意外にもほぼ同じ広さ。クロスターはセンタータンクレイアウトを採用するため、「広い」という先入観があった。だがライズの車内に乗り込んで驚いてしまったほど、広さを確保している。正確に比べるとやはりクロスターのほうがヒザと前席との間隔があり、身長165cmの筆者が座るとコブシ3個半の余裕に対し、ライズは3個とちょっとにとどまる。どちらのモデルも、身長180cmぐらいでも後席の足元の広さに不満が出ることはないはずだ。座り心地に大きな差はないが、ライズはリクライニングを2段で変えられるがクロスターはなし。ロングドライブでは、角度調整が可能なライズのほうが有利かもしれない。

フィットe:HEVクロスター
ライズ Z
■荷室寸法(実測値)フィット クロスターライズ
高さ84cm75cm
最小幅101cm99cm
最大幅116cm127cm
荷室の奥行き66cm71cm
後席倒し時の奥行き143cm132cm

荷室もほぼ互角といっていいだろう。荷室長はわずかにライズのほうが上まわっているが、後席を倒したときの荷室長はクロスターが上まわっている。高さの比較でもクロスターが上。だがライズにはラゲッジボードが備わっており、この数値はボード上段での値。下段にすればもっと高さを稼げる。さらにこのボードの下には大きなスペースがあるため、総合的な荷室容量としてはライズが上まわっている。だがクロスターには秘策が。そう、リヤシートをチップアップして後席スペースを荷室にする方法だ。背が高い荷物も後席シートアレンジで収納できるというのがクロスターの強みだ。

●e:HEVはバッテリーなどを搭載する関係上、フロア下のスペースは最小限。後席座面のチップアップがフィットの売りで、背の高い荷物をラクラク積載可能だ
●ライズのラゲッジボードは全車標準。後席背もたれ倒し時にフラットにしたいなら上段に設置。下段にすれば荷室高を稼げる。フロア下には深くて広いスペースを確保

次ページからは、
走り面を比較してみる!