高速道路で見かける「AH1」の標識って何者!?

高速道路を走っているとたまにみかける白地に「AH1 ASIAN HIGHWAY」の文字。通常、高速道路の標識は緑色だから、妙に目立つ。「AH1」の標識って何者なんだろうか?

これは、アジアハイウェイ1号線の略。東京・日本橋を起点に、国内では高速道路を中心に福岡までつながり、フェリーで韓国へ。北朝鮮、中国、香港、ベトナムなどを経由し、トルコとブルガリアの国境がゴール。さらに欧州自動車道へと接続するという。経由する国は14カ国、総延長は約2万kmだ。

こと日本の区間だけを見ると、日本橋から首都高速の都心環状線と3号渋谷線、東名高速、名神高速、中国道、山陽道、関門橋、九州道、福岡高速4号線と1号線を経由ののち、博多港から韓国・釜山港へとつながる。

「AH1」の標識は上記各路線、全国18カ所に設置されている。国土交通省のホームページには、「アジア諸国を幹線道路網によって有機的に結び、国内及び国際間の経済及び文化の交流や友好親善を図り、アジア諸国全体の平和的発展を促進」とあるが、現実的には北朝鮮や中国などを外国人がクルマで走るのは難しい。

〈文=編集部〉