「ナビタイム」で最も検索された場所はドコ? 2019検索ランキング発表!

ナビタイムジャパンは2019年12月11日、「2019ナビタイム スポット検索ランキング」を発表した。このランキングは、ナビタイムジャパンが提供する「NAVITIME」をはじめとするナビゲーションサービスにおいて、2019年に目的地として検索されたスポットなどをもとに集計した結果だ。

2019年の目的地検索スポットTOP100において、総合1位に輝いたのは「伊勢神宮内宮」。2009年のランキング発表開始以来、初めてのことだ。2位は昨年より1つ順位を上げた「幕張メッセ」、3位は順位を2つ上げた「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」となっている。なお、100位中32スポットは昨年圏外からのランクインである。全体的に歴史や景勝地、アミューズメント施設などが多いことから、時代の流れが「モノ消費からコト消費」へとシフトしている傾向が見られる。

■総合ランキングTOP10( )内は昨年の順位
1位(2):伊勢神宮内宮 三重県
2位(3):幕張メッセ 千葉県
3位(5):ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 大阪府
4位(1):東京ディズニーランド 千葉県
5位(9):東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東京都
6位(10):東京ドーム 東京都
7位(12):京セラドーム 大阪府
8位(8):草津温泉 群馬県
9位(6):出雲大社 島根県
10位(4):日光東照宮 栃木県

詳細なランキングは、下記URLより
https://www.navitime.co.jp/pcstorage/html/spotranking2019/

〈文=編集部〉