F1 第17戦 アメリカGP ハミルトン オースティンで完勝

第17戦 アメリカGP
オースティン サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(2017年10月20〜22日)
5.513km×56周

決勝:10月22日(日) 晴れ

気温:24〜27℃/路面温度:34〜36℃/ドライ


メルセデス コンストラクターズチャンピオンV4獲得!

今年で6回目を迎えるF1アメリカグランプリ(GP)。早朝に激しい雷雨に見舞われたが、決勝レースの始まる14時には雲ひとつない快晴に恵まれた。

予選で安定の走りを見せ、72回目のポールを獲得したハミルトン(メルセデス)を追うベッテル(フェラーリ)は、0.2秒差で2位。鈴鹿で見られなかった2台の激しいバトルに期待が集まった。

スタートシグナルが消え、2番グリッドのベッテルが好スタートを切る。ターン1でインをつき、ポールポジションのハミルトンとタイヤを接触させながらもトップに躍り出た。続くボッタス(メルセデス)とリカルド(レッドブル)が激しい3番手争いを繰り広げる。

6周目にレースは動く。ベッテルに1秒以内と詰め寄ったハミルトンがメインストレートでその差を一気に縮め、ターン1で抜き返した。7周目以降、ハミルトンは落ち着いた走りを見せ、2位のベッテルに10秒以上の差をつけ今期9勝目をマーク。またこの勝利でメルセデスは4年連続コンストラクターズタイトルを獲得した。

荒れた3位はというと、16番グリッドスタートのフェルスタッペン(レッドブル)がオーバーテイクを重ね、ボッタス、ライコネン(フェラーリ)を交わして3位に浮上、そのままゴールするも、コースカットでペナルティとなり、最終的にライコネンが3位に繰り上がるという結果になった。ちなみにボッタスと3位争いをしていたリカルドは15周目、パワーユニット(PU)のトラブルでリタイアしている。

マクラーレン・ホンダは、アロンソが24周目にPUのスローダウンでリタイア、バンドーンは12位でレースを終えた。

●ルイス・ハミルトン(メルセデス)
●ルイス・ハミルトン(メルセデス)
●セバスチャン・ベッテル(左)、ルイス・ハミルトン(中央右)、キミ・ライコネン(右)

 

 


2017 第17戦 F1アメリカGP 決勝 結果

順位Noドライバーチーム得点
44ルイス・ハミルトンメルセデス5625
セバスチャン・ベッテルフェラーリ5618
キミ・ライコネンフェラーリ5615
33マックス・フェルスタッペンレッドブル5612
77バルテリ・ボッタスメルセデス5610
31エステバン・オコネンフォースインディア56
55カルロス・サインツルノー56
11セルジオ・ペレスフォースインディア55
19フェリペ・マッサウィリアムズ55
1026ダニエル・クビアトトロロッソ55
12ストフェル・バンドーンマクラーレン ホンダ55
14NCフェルナンド・アロンソマクラーレン ホンダ24

※NC:リタイア


ドライバーズ・チャンピオンシップ

順位ドライバーポイント
ルイス・ハミルトン(イギリス)331
セバスチャン・ベッテル(ドイツ)264
バルテリ・ボッタス (フィンランド)224
ダニエル・リカルド(オーストラリア)192
キミ・ライコネン (フィンランド)163

 

コンストラクターズ・チャンピオンシップ

順位コンストラクターポイント
メルセデス-AMG ペトロナス モータースポーツ575
スクーデリア フェラーリ482
レッドブルー レーシング315
サハラ フォース インディア F1チーム159
ウィリアムズ マルティーニ レーシング68
マクラーレン ホンダ23

(第17戦アメリカGP終了[2017年10月22日]時点)