マキネンとソルベルグの両雄を迎え、名機EJ20にサヨナラ。WRXファンミーティングに約1000台が集結!

●「チームメイトとしてペターは最高でした」とマキネン氏のコメントに、キスで応えるソルベルク氏

2019年11月9日、全国から1000台ものWRXが愛知県新城市のふれあいパークほうらいに集結した。このイベントは2019年12月23日をもって生産を終了することとなったEJ20エンジン搭載の「WRX」を愛用しているスバルファンに向けた感謝のイベントである。

●約1000台近く集まったWRX。バランスよく色分けされ配置された

SUBARU WRXの魅力に魅入られたファンが約2,000人近くが集まり、みなそれぞれ自身の愛車を披露したり、初めて顔を合わすファン同士でスバル愛を語りつくしていた。

参加者が全員集まったところで、スバルのスタッフとファンの交流会がスタート。現在エンジンやトランスミッションの開発に携わっている技術者や、 初代WRXの開発者、EJ20エンジンの開発者などスバルのレジェンド的存在と触れ合うことができファンも大興奮。

会場には歴代のWRXが多数配列されており、WRCで活躍してきた初代のGC8から現行のVAまで。ニュルブルクリンで戦い抜いたマシンや、なかには2019年11月11日に申し込みが締め切られたWRX STIファイナルエディションまで。このファイナルエディションは限定555台だが、申込数は1万2700! 約23倍近くの予約注文が入ったという。

販売ブースエリアにはスバルとの関わりの深いカスタマイズメーカーが出展。新商品からアウトレット品までここでしか買えないレアなパーツが展示販売されていた。ちなみにSTIブースでは人気商品のドライバーズキャップやウエア、ジャケットなどが午前中で完売してしまう人気ぶり。

午後をまわりイベントも後半を迎え、いよいよWRX、そしてEJ20エンジンの開発にかかわった当時の開発陣によるトークショーが始まった。

壇上に上がったのは現STI社長の平岡泰雄代表取締役、ニュルブルクリン24時間レース、SUBARU&STIチーム総監督の辰巳泰治氏、WRX STIファイナルエディション企画担当の商品企画主査 嶋村氏の3人。平岡社長はEJ20エンジンの開発にもかかわっていたこともあり、最後のEJエンジンについて多くを語ってくれた。

●FJエンジンの開発から今回のファイナルエディションの企画まで関わってきた豪華メンバー。左からSTIの平岡社長、辰巳監督、WRX STI商品企画主査の嶋村氏

「EJ20エンジンに負けないようないいクルマ、いいエンジンを作り進化させて行きたいと思います」と平岡社長。

「今回のファイナルエディションは最後のEJ20エンジンに感謝を込めて企画したモデルになります」と嶋村氏。

「EJ20は終わっても、シンメトリカルAWDは永遠です。今まで培ってきたSUBARUの技術が今後自動運転の開発にも関わってきます」。と辰巳監督。

その後、スペシャルゲストとして今年引退を発表した元世界王者のペター・ソルベルグ氏と、現役時代スバルで活躍し、現在TOYOTA GAZOO Racing WRTの監督を務めるトミ・マキネン氏が大歓声のなか迎えられた。

●かつてチームメイトでもあったマキネン氏とソルベルグ氏。昔話しをしつつSUBARU愛を語ってくれた

ソルベルグ氏は、「スバルと一緒に世界で勝ち、歴史を作ってきたことはとてもすばらしい出来事でした」と語った。また、プライベートではインプレッサやレガシイ、スバル車以外にも乗っており、いろんなクルマを乗り体感し経験することで、レースで走るクルマの改善すべき点を研究している、とのこと。

マキネン氏には、「スバルとトヨタどっちが好きですか?」と鋭い質問が飛んだが、「秘密!」との返答。その後、「2011年にNBRでコースレコードを樹立したとき、一緒に働いたスバル、そしてSTIの皆様にとても感謝してます」と語った。

その言葉にキスで感謝の意を返したソルベルグ氏。

●「チームメイトとしてペターは最高でした」とマキネン氏のコメントに、キスで応えるソルベルク氏

イベントもいよいよ大詰め。ソルベルグ氏によるスペシャルランが披露された。短いコースではあったが、みな世界の走りを目の前にして大興奮! 最後は優勝したときと同じパフォーマンスでファンに感謝を告げたソルベルグ氏。

●白煙をあげながら、世界の走りを見せてくれたソルベルグ氏

イベントがすべて終了し、最後はスバルスタッフ全員で感謝の意を込めファンの帰路を見送った。

●ファン一人一人に「ありがとう!」とスタッフ全員でお見送り

〈文=編集部〉