画像ギャラリー【アウトドアにも使えるエーモンあります!】エーモンから新ブランド「OGC」誕生。第1弾として”使える”20アイテムを発売

●エーモン工業がクルマとアウトドアをつなぐ新ブランド「OGC」を展開
●OGC(オージーシー)はOUTDOOR GEAR for CAR)の頭文字だ
●クルマでもアウトドアでも「本当に使える!」をコンセプトに開発
●第1弾は”結束・固定”のアイテムを数多くリリース
●ハンギングセット フック(品番:8601)
●フックのコードはループタイプで、バンジーコードの任意の位置へ取り付けできる。バンジーコード(ゴムコード)の長さの調節が可能
●ハンギングセット カラビナ(品番:8602)
●こちらはカラビナタイプのループフックでつるすアイテムが落ちる心配がない。バンジーコード(ゴムコード)の長さの調節が可能
●ハンギングコード(品番:8603)
●物干しとしてだけでなく、カーテンレールとしても使えるので、車内での着替えや車中泊にも活用できる。フックはPVCコート仕様で傷つきも防げる
●ツイストバンジーコード(品番:8604)
●ツイスト状のコードに挟むだけでつるせるので、取っ手やフックが付いていないものをつるすのに便利だ
●バンジーコード(品番:8605)
●荷物をまとめたり固定するのに活用できるシンプルなストレッチコード
バンジーコード ロック付き(品番:8606)
●フック部にロック機構が付き、外れにくく安心感も高い。荷物をまとめたり固定するのに活用できるシンプルなストレッチコード
●ラゲッジメッシュネット(品番:8607)
●ネットの目が細かく、小物の収納にも向くメッシュネット。荷室の荷物を固定するのに使用するほか、天井部に収納スペースを作り出せる
●ラゲッジカーゴネット(品番:8608)
●ネットの交差部は編み込み式で強度を高めている。フックが16個付属し、四辺を均等な力でネットが張れる。収納袋付きだ
●バンジーループ フック(品番:8609)
●アウトドアツールをまとめるのに役立つ。長めのキャンプ用品を束ねてつるすことも可能
●バンジーループ カラビナ(品番:8610)
●テントやタープの袋をなくさないようにつるしておいたり、テントのペグを固定するのにも活用できる
●バンジーループ ボール(品番:8611)
●テントのポールやペグなど、棒状のツールを束ねるときに使える
●カムバックル タイダウンベルト(品番:8612)
●バックルはクルマを傷つけにくいABS樹脂を採用。ベルトを引っ張るだけで固定でき、ロックレバーを解除すれば簡単に緩められる
●クイックファスナーベルト(品番:8613)
●運びにくいものを束ねたり、大きな荷物をコンパクトにして持ち運ぶのに便利
●エクステンションフック ヘッドレスト用(品番:8614)
●ヘッドレストポールにベルトを通してフックを追加する。後部座席や荷室での荷物固定のバリエーションを広げられる
●エクステンションフック ラゲッジ用(品番:8615)
●バックドアのフレームを利用して固定ポイントを追加できるアイテム
●エクステンションフック M6ホール用(品番:8616)
●荷室にM6サイズのネジ穴があれば、工具を使わずに固定ポイントが追加できる
●エクステンションフック シートレール用(品番:8617)
●シートレールに取り付けることで、ロープやタイダウンの固定ポイントとして利用できる。大きな荷物や自転車などを固定するのに有用だ
●使い勝手だけでなくデザインにもこだわる収納アイテムを展開
●ラゲッジポケットネット(品番:8618)
●ネットを2枚重ねにしてポケット状にしたもので、小物などをオシャレにまとめて収納するのに役立つ。アウトドアでも活躍しそう
●ラゲッジボックス(品番:8619)
●荷室に入りきらない荷物をルーフラックに積載する際に使用するほか、汚れ物やぬれたものなどの収納にも活用可能。スクエアな形状でデッドスペースをつくらず積み重ねも可能なので、荷室内のスペースを有効に使える
●ソフトコンテナ(品番:8620)
●コンテナ内には仕切りが付き、荷物を整理して収納できるほか、外側にはメッシュポケットや長物を収納できるベルト付き。OGCラゲッジボックスにすっぽりと収まるサイズなので、ソフトコンテナに荷物を入れておけば、まとめて出し入れできるようになる
この画像の記事ページへ