RAYS、高性能ミドルスポーツ向けアルミホイール「VOLK RACING TE037 6061」を発売

RAYS(レイズ)の鍛造スポーツホイールブランド「VOLK RACING(ボルクレーシング)」より「TE037 6061」が2018年2月に登場した。サイズは19インチで、リム幅(8.5J〜11J)やPCDの違いで全25サイズをそろえる。価格は11万5560〜12万4200円(1本)。

「TE037 6061」は、超超ジュラルミン鍛造モデルである「TE037 DURA」の意匠をベースに、A6061アルミを用いた高性能ミドルクラススポーツカー向けの鍛造1ピースアルミホイール。6本スポークの1つには「VOLK RACING ORIGINAL」の文字をマシニング加工が施されている。

5軸マシニング加工機によるスポークサイドのウエイトレスホールや、スポークエンドのウエイトレスポケット加工を施すなどして軽量化を施している。これにより、19インチサイズで8.25kg〜を実現。

超超ジュラルミンからの材質変更により、手に届きやすい価格設定となっているのもトピックだ。(TE037 DURAは20インチ)

カラーは、足元をブラックアウトすることで精悍さを際立たせる新たな表面仕上げのマットガンブラック(MT)と、レーシーなフォーミュラシルバー(FS)の2色を用意する。

●マットガンブラック
●フォーミュラシルバー

 

「VOLK RACING TE037 6061」の詳しい製品情報はこちら

 


問い合わせ:レイズ

TEL:06-6787-0019

http://www.rayswheels.co.jp/