新型BMW X5試乗。 その中身は快適で燃費優秀な優等生SUV

●BMW X5 xDrive 35d M Sport

 

BMWのSUV(彼ら流にはSAV)の先陣を切って1999年にデビューしたX5が、フルモデルチェンジし4世代目となった。つい先日X7がデビューしたこともあり、少し影が薄くなってしまった感があるので、ここで500kmほどテストに連れ出してみた。また、商品担当にも話を聞くことができたので、今回のフルモデルチェンジのポイントなども合わせてレポートする。

全幅はBMWラインアップ中で最大!

現在日本仕様として用意されるX5はxDrive 35dの1車種で、スタンダードとMスポーツの2グレードだ。そのうち今回のテスト車はMスポーツであった。従ってタイヤサイズが265/50R19から、前275/45R20、後305/40R20(テスト車はオプションの前275/40R21、後315/35R21 ピレリ P ZEROを装着)へと変わり、また、各走行モードにおいて任意の設定および電子制御による自動減衰調整が可能なアダプティブMサスペンションや8速スポーツAT(スタンダードは通常の8速AT)が搭載されるほか、内外装がMスポーツ仕様となっている。

●タイヤ&ホイールはオプション設定の21インチ仕様が装着されていた

BMWの広報車が置いてある地下駐車場はそこそこの広さがあるのだが、そのなかでもこのX5はかなりの存在感を放っていた。それは白というボディカラーはもとより、ボディサイズが先代よりも全長で25mm、全幅は65mm、全高10mm、ホイールベースは40mmサイズアップされ、4935×2005×1770mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2975mmとなったことが大きい。特に全幅はX7よりもワイドでBMWラインアップ中最大である。

通常クラスが上になるほどサイズは大きくなるのが常であるが、X5の全幅は、ボディに抑揚を持たせ、よりスポーティに見せたいというデザイン意図を組んだためよりワイドになったのだ。特にリヤまわりのボリューム感は相当なものである。

●日本国内に導入されているのは、現状ディーゼルモデルのみ

 

Mスポーツでも快適な乗り心地

細かいエンジンスペック等は後々述べることとして、さっそく走り始めてみよう。

グルグルとらせん状のスロープを上り地上にはい出るまでに気付いたことは、先代とは乗り心地が大きく変わったことだ。どちらかというとエアサスのようにふわっとした印象で、先代の「引き締まっていると同時に、突き上げ感とばね下の重さが感じられる乗り心地」からは一変した。この理由はボディ剛性が高められたことが大きい。具体的には車両前方の骨格に高張力鋼板をより多く使用し、強度が高められたのだ。同時に約15.5kgの軽量化も実現。つまり、大きな入力に対しボディがしっかりと受け止められるので、その分サスペンションの動きを自由に設定できるようになったのだ。同時にわずかではあるが先代で感じられたエンジンの微振動もほとんど感じられなくなった。

それにしてもSUVとは思えないファットなタイヤを履きこなしているのは見事としかいいようがない。これまでMスポーツ仕様に乗る際にはある程度乗り心地に犠牲を払う必要があったのだが、現行5シリーズあたりからかなりその印象は変わってきており、一方でこれまでの少しスパルタンな乗り心地を懐かしむ声も聞こえそうだ。

 

街中での使い勝手は向上したが……

ゆっくりと混んだ街中を走らせていると、やはりボディサイズが気になってくる。車高が高く見晴らしがいいとはいえ特に2mを超える全幅は注意が必要だ。最も大変だったのはコインパーキングで、多くの場所で枠線内はもちろん、フラップ板の側面とホイールがギリギリになってしまい、ホイールを擦らないように慎重に入庫することが必要だった。やはりこのサイズになると、どうしても駐車に関してのストレスが発生してしまうのは致し方なかろう。

●リヤゲートは上下に分割している。開けるときは上を開けてから、下のロックを外す

この全幅以外では、街中では格段に使いやすくなった。まずアイドルストップからの再始動が非常にスムーズになり、これまでのようにドンというショックとともにエンジンがかかることがなくなった。また、ブレーキのフィーリングも停止寸前に少し食いつくような感じが伴い、踏力のコントロールがしにくかったものが、はるかに自然になっていた。

●ラゲッジルーム床下にはサブトランクも備える

一方で、視認性に関して進歩は見られなかったのは残念だ。具体的にはドアミラーが相変わらずピラーからのマウントとなっているのだ。近年では前方左右の視界を確保するために、ドアにマウントしAピラーとドアミラーの間に空間を作ることで視認性を向上させているクルマが増えているのだが、BMWに限ってはいまだにこの方式が採用されていない。特に右折時の歩行者等はドアミラーの死角に入りやすくなるので注意が必要である。

●運転席側のミラー。鏡面も大きいので、死角になりやすい
●助手席側のミラーも、運転席側と同様。死角になりやすいので注意が必要だ