【東京モーターショー2019】スバル、新型レヴォーグ プロトタイプを世界初公開。”ハンズオフ”実現か?

●新型レヴォーグ プロトタイプ
●公開された写真はこの1点のみ。スバル最先端技術の結晶とのこと

スバルは2019年9月25日、2019年10月23日のプレスデーを皮切りに始まる東京モーターショー2019にて、世界初公開となる新型LEVORG(レヴォーグ)を出展。それに先んじて、2代目となる新型のティザー写真を公開した。

初代レヴォーグは、2013年の東京モーターショーにて世界初公開。5代目レガシィを最後に消えた「レガシィ ツーリングワゴン」の実質的な後継車となるステーションワゴンモデル。当初は、日本市場向けにのみ設定(現在は海外市場向けにも輸出している)。パワートレーンは、1.6&2リットルの水平対向4気筒直噴ターボにCVTの組み合わせである。

新型に関する情報はまだこの写真1点のみ。筋肉質なリヤフェンダーが特徴で、現行型とは違ってリヤクオーターウインドーまでメッキモールが連続していることが見て取れる。フォレスター同様に、キープコンセプトでのフルモデルチェンジだろうか?

新型は現行型インプレッサから始まったスバルの新たな車台、SGP(スバル グローバル プラットフォーム)を採用しているとみられ、走行性能をさらに引き上げられるはず。パワートレーンの進化にも期待したいところ。

スバルの発表では、SUBARUの持てる最先端の技術を結集し、自動運転化が進むモビリティ社会の中において、「誰もが自分の意志で、運転をどこまでも愉しめる未来」の実現を目指した1台」と説明。スバルもついに”ハンズオフ”機能の搭載か? 単なる手放し自動運転ではない、スバルならではの機能を実現していそうだ。

なお、スバルは東京モーターショーの専用ウエブサイトを解説。出展車両に関する情報を配信する予定だ。

スバル 東京モーターショー専用サイトは↓↓
https:///www.subaru.jp/tms/

〈文=編集部〉