マイスター仕立ての150台! 「ヴィッツGRMN」を含む “GR” シリーズ4車種を発売

2017年11月21日、トヨタは「ヴィッツGRMN」、「86GR」、「アクアGR SPORT」、「プリウスα GR SPORT」の『GR』シリーズ4車種の発売を発表した。


「ヴィッツGRMN」は、GAZOO Racing Company が手がけるトヨタのスポーツカーシリーズ『GR』の頂点に立つ数量限定モデル。“モータースポーツからの還元” をコンセプトに、ドイツ・ニュルブルクリンクでのテスト走行や全日本ラリーに参戦しているヴィッツからの知見を盛り込み開発された。

●「ヴィッツGRMN」(スーパーホワイトII)

ボディは基本剛性の高い欧州製の3ドアとし、これにフロントタワーバーやブレースを追加してさらなる高剛性化を図った。エンジンもスーパーチャージャーを組み合わせ、212馬力/25.5kgmを発生する専用の1.8L 直4を搭載。トランスミッションは6速MTのみ設定。

足まわりも、サーキット走行も許容する専用チューニングを施した「SACHS(ザックス)製アブソーバー」や「トルセンLSD」などを装備。また、オプションの専用「Tコネクトナビ」と「TOYOTA GAZOO Racing Recorder」(*)を同時に装着することで、サーキットでのラップタイム計測や走行データ分析などができる機能も用意した。

●「GRMN専用 Tコネクトナビ(ラップタイムデータ画面)*オプション装着車」
●「GRロゴ付き専用メーター」(左)、「スーパーチャージャー付き1.8L エンジン」(右)

ヴィッツGRMNは150台限定の販売で、価格は400万円(外板色は「スーパーホワイトII」のみ)。全国の「GR Garage」(GRガレージ)店頭または専用WEBサイト(http://toyotagazooracing.com/pages/grmn/vitz)で、2018年4月9日〜5月13日に商談申込受付を開始。150台を超す申し込みがあった場合は、5月21日に抽選を行う。

*:アクセル開度やステアリング舵角など、走行データの記録や出力が可能(オプション)

ヴィッツGRMN 専用サイトは こちら


「86GR」は、2016年2月に100台限定で販売した「86GRMN」を基に開発。ブレースを追加して剛性を高めたほか、専用チューニングの「SACHS製アブソーバー」や86GRMNと同じ「トルセンLSD」、高性能ブレーキを搭載。内装も、専用メーターやレカロシートなどでよりスポーティに仕立て、高い次元で走りを楽しめるモデルとした。発売は2017年12月18日からで、価格は496万8000円(外板色は「スーパーホワイトII」のみ)

●「86 GR」

86 GR の詳細は こちら


気軽にスポーツドライビングを楽しめるよう設定された「アクアGR SPORT」と「プリウスα GR SPORT」は、スポット溶接の打点追加(アクア)やブレースの追加(プリウスα、17インチパッケージのアクア)によりボディ剛性を強化したほか、専用チューンを施したサスペンションを装着。ハイブリッドならではの低燃費に走る楽しさをプラスした。外板色はアクアは全7色、プリウスαは全6色を設定。価格はアクアが 233万2800〜253万8000円(17インチパッケージ)、プリウスα は 335万1240(5人乗り)〜355万6440円(7人乗り)。

●「アクアGR SPORT 17インチパッケージ」(左)、「プリウスα GR SPORT」

アクアGR SPORT が11月27日から、プリウスα GR SPORT は12月1日から、ともに全国のトヨタ販売店から発売する。

アクアGR SPORT の詳細は こちら プリウスα GR SPORTの詳細は こちら