プジョー208がモデルチェンジ。1.2LターボとEV仕様に速攻試乗! 2020年には国内導入予定

新型プジョー208が登場! ガソリンエンジンだけでなく電気自動車も同時にデビュー。
はたして、その乗り味は?
リスボンでモータージャーナリストの島下泰久氏が速攻試乗!

 

コンパクト市場にプジョー旋風が吹く?

日本のコンパクトカーもアツい昨今だが、来年にはフランスからも活きのいいモデルが導入されそうだ。フルモデルチェンジで生まれ変わったプジョー208が、それである。

一時は元気をなくしていた感もあるプジョーだが、今年登場した508をはじめとする最近のモデルは、シャープで個性的なデザイン、i-Cockpitと名付けられた独創のユーザーインターフェイス、そしてプジョーにしか出せない懐深い乗り味によって、すっかり勢いを取り戻した感がある。新しい208も、そのいい流れに乗った攻めのモデルチェンジを敢行した。

全長4055mm×全幅1745mm×全高1430mmのボディは、フロントの牙のようになったシグネチャーライトが象徴的なプジョー最新のデザイン言語で描き出され、小気味良い存在感を発揮している。
小径ステアリングとヘッドアップインストゥルメントパネル、タッチスクリーンを組み合わせたi-Cockpitを採用するインテリアも、じつにデザインコンシャス。
しかもソフトパッドの多用、さすがフランス車らしい気の利いた素材の使い方などもあり、クラスを超えたクオリティを実現している。

そしてこのデザインと同様、いやそれ以上に注目したいのがパワートレインだ。実は新型208、内燃エンジン仕様のほかにバッテリーEV仕様のその名も「e-208」を設定しているのである。

現在のEVの潮流には、VWやホンダのようにEV専用プラットフォームを開発するか、あるいはこのプジョー・シトロエンやマツダ、日産などのように内燃エンジン車と車体を共通するかという大きくふたつがある。プジョーとしては、ユーザーにまず内燃エンジン車かEVかを選択させるのではなく、208というクルマに惚れて、選んでもらい、その上で内燃エンジン車でもEVでも好きなパワートレインをどうぞ、と考えているのだ。

プジョーの新世代インターフェイス「i-Cockpit」を採用
ディスプレイにはナビ、エアコン、オーディオ、車両の状態などさまざまな情報を表示。appleCarPlayなどにも対応
バッテリー残量や走行可能距離、パワートレーンの駆動状況なども表示
スマートフォンを置いておけるスペースも確保

バッテリー&モーター駆動の純粋な電気自動車を設定

 

次のページは、試乗インプレッション!
国産車とはひと味違う走りを披露?