ユピテル「スーパーキャットLS700」がレーザー光探知距離を3倍にまで拡大できた理由 

探知距離も範囲も最上級

ユピテルは2019年10月、レーザー&レーダー探知機「スーパーキャットLS700」を発売した(価格はオープン。編集部調べ実勢価格は3万9600円)。このスーパーキャットLS700は、2019年4月にユピテルが発売し、業界初の「レーザー式移動オービス対応」の探知機として話題となった「スーパーキャットLS300」の進化版といえる商品。どこが進化したのか? それは……まさかの探知距離。警報可能距離が、LS300比で約3倍にまで拡大したのだ!

●レーザー式を採用することで圧倒的に小型化された取り締まり装置。設置が簡単だから、今後、ゾーン30などの生活道路でレーザー式の移動オービスによる取り締まりが増えていくはずだ

例えば、LS300が200mの範囲で探知できるとしよう。LS700は3倍だから、600m先のレーザー式オービスを探知できるのだ。運転シーンを頭の中で想像してほしい。「200m」と「600m」じゃ余裕が違う。安全運転にも寄与するはずだ。

その進化のキモは、レーザー受光にレンズを採用したこと。例えば太陽光に虫眼鏡を掲げると光が集まるのと同じで、微弱なレーザー光でもレンズの集光により高感度の探知が可能となったのだ。

しかし、単純な球面レンズだとその特性上、水平方向の探知範囲が狭まってしまう。カメラのレンズでいう、”画角が狭い”状況だ。オービスは道路の右側にも左側にもある。さてどうしたものか。

●アンテナ部の左側にあるのが、特許出願中のエスフェリックレンズ。探知距離3倍、探知範囲40度を実現する

そこで編み出されたのが、専用に設計されたエスフェリックレンズ(特許出願中)だ。非球面形状により、水平方向の探知範囲、約40度を実現している。従来同等の、広範囲でのレーザー光探知が可能だ。これで距離も、範囲も申し分なし!

ちなみにこのLS700は、ディスプレイとアンテナが別体のセパレートタイプ。LS300比でディスプレイが薄くなったのもの朗報だ。

レーザー受光の能力を最大限引き出すなら、アンテナ部をダッシュボード中央に、ディスプレイは運転中に確認しやすい場所に設置するのがオススメ。車内はスッキリだ。

●アンテナ部はダッシュボード上に、ディスプレイは自分の好きな場所に設置可能なセパレートタイプを採用する

ユピテルのレーザー&レーダー探知機シリーズの最上位機種に君臨するLS700。レーダー波の誤警報を軽減する特許技術「iキャンセル」など他社追随を許さぬ機能もてんこ盛りである。

〈文=編集部・柿崎 写真=山内潤也/ユピテル〉

問い合わせ先
ユピテル 0120-998-036 https://www.yupiteru.co.jp