【TMS2019】東京モーターショーでドリフト世界チャンピオンの走りを体感できるチャンス!

東京モーターショー2019が開幕している。
会場は、東京ビッグサイト西&南展示場のある有明エリアに加え、新たに青海エリア、有明と青海をつなぐオープンロードなど広大だ。そして、有明エリアとオープンロードの間にあるDRIVE PARK(ドライブパーク)では、ラジオDJであり無類のクルマ好きであるピストン西沢さんプロデュースのもと、さまざまなドライビング体験やトークショーが繰り広げられている。

なかでも注目なのが、10月26日(土)、27日(日)に開催される「東京オートサロン スピンオフ D1エクストリーム同乗体験」だ。

1000馬力のV8エンジンに換装! ドリフト世界一決定戦で優勝を目指す川畑選手のGRスープラがお披露目された【同乗走行イベント告知あり】

これは、現役D1ドライバーの助手席に同乗し、その超絶ドリフトを体験できるというもの。激走するのは、ドリフト世界チャンピオンの川畑真人選手(海外戦で使っていたTeam TOYO TIRES DRIFT 180SX)をはじめ、上野高広選手(VERTEX 超EDGE LEXUS RCV VALINO)、時田雅義選手(GOODYEAR AST 86)の3選手。
ドリフト競技車両のほかにも、スープラや86GR、フェアレディZといった市販車両でも同乗試乗する時間が設けられている。

初日となった26日は晴天に恵まれ、絶好のドリフト日より。幸運にも抽選で選ばれた同乗者たちは、しっかりとヘルメットをかぶり、いざ助手席へ。
絶叫、歓喜の叫び声を上げながら、最高のドリフト体験に酔いしれていた。
実際に川畑選手の隣りに乗った女性は、「氷の上を滑っているみたいでした。私が動画を撮っていたのですが、川畑選手はピースしながらドリフトしてました! とっても楽しかったです!」と興奮気味。

 

走り終えた川畑選手は、「ドリフトは気軽に狭い場所でも楽しめる競技。乗って楽しい、見て楽しいモータースポーツです。もし抽選に当たらなくても、見ているだけで楽しいはず。ぜひお台場に来て、近くで体感してほしいですね」とドリフトのおもしろさを語ってくれた。

このイベントは、10月27日(日)も開催される。同乗試乗は現場での抽選に当たった人だけだが、ドリフト世界チャンピオンの隣りに乗れるチャンスは滅多にないもの。
ぜひDRIVE PARKを訪れて、抽選に参加してみよう! 抽選に外れても、見ているだけでもとても興奮できるイベントだ!

 

東京オートサロン スピンオフ D1エクストリーム同乗体験(競技車両の同乗試乗)
・2019年10月27日(日)①13:10〜13:30 ②16:50〜17:10
このほかに、一般車両のドリフト試乗「TMS WILD DRIVE」もあり。
詳細は、こちらより確認ください

〈文&写真=編集部〉