これは何だ?三菱自動車、新クロスオーバーMPVをインドネシアでもうすぐ世界初披露

三菱自動車は、2019年11月12日に、インドネシアのジャカルタにおいて新たなるクロスオーバーMPVを世界初披露すると発表した。

このモデルは、三菱自動車が得意とする高い走行性能と、SUVテイストの力強いデザイン、そして使い勝手に優れた広い室内空間というMPVならではの強みを兼ね備えているという。

同時に公開された一枚の写真を見てみると、どこかで見た覚えのあるシルエットなのである。そう、2017年より発売されている「エクスパンダー」なのである。

これが新型?と目をこらしてみると、その正体がなんとなく見え隠れしているではないか。まず、シルエットで現行エクスパンダーと明確に違いが現れているのは、ルーフレールの装着だ。次に腰下まわりに目を向けると、前後フェンダーにはエッジの利いたモール状の装飾。そしてサイドシルには凹凸のある形状が見て取れる。これらにより今までよりもボディサイドの厚みが薄れよりシャープになったようにも感じられる。

そしてフロントフェイスだ。ダイナミックシールドを取り囲むメッキモールが、現行型に比べて分厚く垂直基調になってるようにも見える。今までの末広がりな「ハ」の字よりも、縦ラインを強調するデリカD:5、あるいはeKクロスような感じだろうか。

さらには、タイヤ&ホイールにも違いがありそうだ。外径が変更されるのかは定かではないが、ホイールはインチアップしているかもしれない。これらを総合すると、どうやら、従来型よりさらにSUVテイストを強めた化粧直しが施されているのではないか。と想像できる。

●こちらは現行型エクスパンダー
●現行型エクスパンダーのインテリア

エクスパンダーは全長4475mm、全幅1750mm、全高1700mmで、ホイールベースは2775mm、ミドルクラスのSUV「エクリプス クロス」よりも70mm長く、55mm狭く、15mm低いくらいでほぼ同じくらいの大きさ。ホイールベースが105mm長いが、これは3列目シートを搭載する「アウトランダー」よりも居住性としては有利である。最低地上高にいたっては205mmと、そのどちらよりも広いクリアランスを持つ(ホイールベースが長いからランプブレークオーバーアングルは変わらず?)。

これ、日本にあったら需要ありそうなのに……。とは、インドネシアでの発売当時から感じていたのだが。新型のクロスオーバーMPVのシルエットをみるかぎり、SUV人気の日本でもかなりウケるんじゃない?なんて思ってしまう。

ちなみに、インドネシアで売られる現行エクスパンダーのパワートレーンは1.5リットル自然吸気エンジンを搭載し、最大出力は77kW(104ps)/6000rpm、最大トルクが141Nm/4000rpmを発揮。これに4速ATもしくは5速MTを組み合わせる。PHEVはスペース的に難しくてもディーゼルならトルクもあるし、多人数乗車で十分は走りも楽しめそう。

と、想像力を研ぎ澄ませながら、世界初披露までしばし期待して待ちたい。

 

エクスパンダーについて詳しくはこちら(おもにデザイン)

 

<文=編集部>


三菱自動車

http://www.mitsubishi-motors.co.jp