タフだけどちょっと可愛い!? 新型ディフェンダー初お披露目

●ディフェンダー90 ファーストエディション。切り立ったサイド&リヤのウインドーが特徴的

新しいけど、ひと目でディフェンダーだとわかる

2019年のフランクフルト・モーターショーで発表された、ランドローバーのアイコニック的存在であるSUV「ディフェンダー」の新型が、東京・代官山のTサイトにて2019年11月3~5日の3日間限定でお披露目された。同時に先行受注も開始し、価格は489万円から。デリバリーは2020年の夏頃を予定している。

●90 ファーストエディション
●90 ファーストエディションのリヤビュー。背面タイヤは真ん中。リヤゲートは伝統の横開きを採用

70年前に登場した初代ランドローバーをオマージュしながらも、まったく新しいデザインに刷新された新型ディフェンダー。来日したチーフ デザイン オフィサーのジェリー・マクガバン氏は、「先代をオマージュしているが、作り替えにはしたくなかった。タフな力強さと、親しみやすさを両立させ、先を見据えたデザインにした」と語った。ランドローバー既存のモデルにはどれとも似ていないが、ひと目でディフェンダーとわかるフォルム。いかにもクロカン4WD車の形ではあるが、ずっと見ていると可愛らしさすら感じてしまうから不思議だ。

●90 ファーストエディションのマトリックスLEDヘッドライト
●90 ファーストエディションのテールランプ

とはいえ、サイズはかなり大型な部類に入る。フレーム構造を捨て、フルモノコックとなったボディの3サイズは、全長4583×全幅2105×全高1974(単位はmm)。ショートボディの90(ナインティ)と言えど、このサイズ感は日本で乗るには少々持て余してしまうかもしれない。ちなみにボディサイズは2種類から選べ、もうひとつの5ドアロングボディの110(ワンテン)は、全長5018mmとさらに大きい。

エンジンは2リットルの4気筒ガソリンターボ(300馬力/400Nm)のみが、まずは導入される。ディーゼルやPHEVはまだ先になりそうだ。ツインスピードトランスファーギヤボックスやセンターディファレンシャルなど、悪路での走破性を高める4WDシステムももちろん備わるが、ねじり剛性を3倍高めた高剛性ボディも相まってオンロードの走行性能も向上。オンロードもラフロードも快適に走れることが新世代ディフェンダーの特徴となっているようだ。

●90 ファーストエディション。フロントフェンダーにはエアアウトレットを備える
●90 ファーストエディション。リヤサイドのこのパーツは、オプションを装備する際に役立つようだ
●90 ファーストエディションのタイヤ&ホイール。サイズは275/45R22

今回はインテリアが撮影できなかったが、資料を見る限りでは既存のランドローバー車同様モダンなデザイン。質感がどうなのか気になるところだ。

●今回は撮影できなかったインパネのプレゼン画像
●今回は撮影できなかったフロントシートのプレゼン画像
●プレゼンする、ランドローバーのチーフ デザイン オフィサー、ジェリー・マクガバン氏

2019年11月現在は、運転支援システムなどが充実した初回限定のファーストエディションが予約できる。こちらは台数が決まっていて、90が15台、110が135台の限定。予約期間は2020年の3月31日までだが、予約台数に到達しだい受注は締め切られる。しかも、予約特典で2573ピースを使った精密なレゴ テクニックまで付いてくる。気になる人は早めに予約したほうがよさそうだ。

●レゴ テクニックのディフェンダー。価格は2万円オーバー
●内部のメカニズムまで再現した、レゴ テクニック
●可動部分も多い本格模型だ
●こちらはラグビーワールドカップに使用した、プロトタイプ。ルーフに富士山のペイントが施されていた
●プロトタイプ。車高が少々上がっているようだ

<文&写真=編集部・青山>