三菱自動車、アセアン地域で好評のMPV「エクスパンダー」に、SUVの力強さを強調する「エクスパンダー クロス」を追加

三菱自動車は、2019年11月12日、アセアン諸国で好評のMPV「エクスパンダー」に追加モデルとなる「エクスパンダー クロス」をインドネシアで発表。11月13日より販売を開始した。

「エクスパンダー クロス」はシリーズの最上位モデルという位置づけ。最新の「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを採用するとともに、前後のバンパー下部にスキッドプレート、ボディサイドにブラックのホイールアーチモールディングなどを装着してSUV色を強めている。多人数乗車が可能なMPVならでは使い勝手のよい広い室内空間と、SUVを強みとする三菱自動車らしさを際立たせたモデルに仕立てられている。

ベースとなるエクスパンダーは、2017年に販売を開始し、2018年度には約10万4000台を販売する三菱自動車で4番目の販売実績を誇る人気モデル。SUVらしさを高めた「エクスパンダー クロス」は、ワイルドなデザインや実用性に対してのニーズの高いアセアン地域のユーザーに新たなる価値を提供する。

 


エクスパンダー クロスの製品概要は以下のとおり。

よりSUVルックな上級MPVに

エクスパンダーに対して大きく異なるのはフロントフェイスの造形だ。具体的にはダイナミズムと力強さをバランスさせた、デリカD:5などに採用される水平・垂直基調の最新「ダイナミックシールド」顔を採用。SUVらしい堅ろうさを際立たせるためにバンパー下部には専用のスキッドプレートを装着。これと同調する形で、リヤウインドーの下にはグロスブラックのテールゲートフィニッシャーを配置、バンパー下部には大型のスキッドプレートを組み合わせ、タフなイメージを際立たせた。

ボディサイドには、ブラックのホイールアーチモールディングを追加。これにより全幅は50mm拡大。また、前後のモールディングをつなぐようにドア下部にブラックのガーニッシュを配した。あわせて大径17インチタイヤと新デザインのアルミホイールを採用し、車高も高められている。さらにルーフキャリヤの装着を容易にするフールレールも追加。これらによりSUVらしいシルエットを獲得した。

新しいダイナミックシールド顔に採用により、LEDヘッドライトやポジションランプの位置も変更され、高い視認性も確保した。バンパーに組み込まれるLEDフォグランプは、跳ね石や浸水からのダメージを極力受けない位置に配されている。

ボディカラーには、専用色となるサンライズオレンジメタリックと、高級感のあるグラファイトグレーメタリックを新たに採用した。インテリアはブラックとブラウンのコンビネーションカラーとし、ブラウン基調のダッシュパネルにシルバーメッシュ柄の加飾をあしらい、洗練された高級感を演出する。

 

高い走破性と快適な乗り心地を併せ持つ

エクスパンダー クロスは、ベースとなるエクスパンダーよりも車高を20mm高い最低地上高225mmを確保。荒れた路面や浸水した箇所での走破性を高めている。これによりドライバーの視認性も向上している。

パワートレーンは1.5リットル直列4気筒自然吸気の4A91型ガソリンエンジンを搭載。トランスミッションは4速ATもしくは5速MTを設定する。これはエクスパンダーと同じで、既存の4A9型シリーズを強化したもので、静粛性と燃料効率が向上しているものだ。また、エンジンだけでなく、高性能の吸音材と防振材を使用することで高い静粛性も実現しているという。

 

多人数乗車と積載性を高次元で両立

エクスパンダーで好評のクラストップレベルの広い室内空間は、もちろん3列シートの7人乗り仕様。3人でも快適に座れる2列目シートはタンブル機構を搭載し、3列目シートへのアクセスを容易にするなど、乗降性に優れるパッケージングとしている。

2列目シートは6:4分割、3列目は5:5分割とし、荷物の大きさや形に合わせて多彩なシートアレンジが可能。2列目と3列目のシートバックを格納すれば、フラットで広大な積載スペースとなる。また、2列目のシートバックは中央が独立して倒せるので、これをアームレストとして活用できる。

ファミリーユースを視野に入れ、各列にUSB端子を装備するなど、日本の”おもてなし”の考え方に基づく快適装備を設定する。

 

このほか、インパネまわりでは、ハイコントラストメーターや、ステアリングにチルト&テレスコピック調整機能が備わるほか、クルーズコントロールも装備。ヘッドライトやポジションランプの点灯・自動オフなどを設定できるカミングホームライト/ウエルカムライト機能、ヘッドライトオートカット、コンフォートフラッシャーも装備される。クラストップの高効率エアコンを採用するなど、エクスパンダーの最上位モデルとして充実の機能や装備を誇っている。

「エクスパンダー クロス」はエクスパンダーと同様に、インドネシアの自動車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(西ジャワ州ブカシ県)で生産する。順次アセアン地域をはじめとした各国にも輸出していく予定としている。

 

<文=編集部>


三菱自動車

http://www.mitsubishi-motors.co.jp