レクサス初のEV市販モデル「UX300e」を広州モーターショーで世界初披露。日本へは2021年前半に導入予定!

レクサスは2019年11月22日、中国・広州で12月1日まで開催される広州モーターショーでレクサス初の電気自動車(EV)の市販モデル「UX300e」を世界初披露した。

先の東京モーターショー2019では、電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に進化させ、ユーザーへクルマがもたらす楽しさや喜びを提供し続けることを目指す電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表。この電動化ビジョンを象徴するEVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を出品した。

そこでアナウンスがあったレクサス初の市販EVが、この「UX300e」である。ベースはコンパクトクロスオーバーSUVの「UX」で、個性的なデザインや高い利便性、取りまわしやすさはそのままに、レクサスのEVならではの上質で「すっきりと奥深い走り」と優れた静粛性を追求したという。

エクステリアデザインは、タフな力強さと俊敏な走りを想起させる見た目はそのままに、専用ホイールや床下空力カバーを新たに開発。優れた空力性能を確保する。インテリアは、シフトバイワイヤを採用したセンターコンソールなどにより、すっきりとしたEVらしい操作系を備える。

 

素直なドライブフィールとEVならではの加速感が味わえる

「UX300e」は、4KM型モーターを搭載し前輪を駆動する。最高出力は150kWで、最大トルクは300Nm(30.6kgm)を発揮する。電動化されてもドライバーの意図に忠実な滑らかな加速フィールを実現。ドライブモードにより、ペダル操作に対して瞬時に立ち上がるEVならではの力強い加速フィーリングを味わうことも可能だという。またパドルシフトで減速度を4段階から選択でき、ガソリン車と同じような減速操作ができるなど、EVの特性を生かしながら自然な操作性を実現している。

モーターやバッテリーを車体下部に配置。重心を低めるとともに、前後の重量配分や慣性モーメントの最適化して、優れた運動性能を実現している。EV化による運動特性の変化に合わせて、ブレースの追加やショックアブソーバーの減衰力を最適化するなど、細部のチューニングも施し、GA-Cプラットフォームの基本性能にさらなる磨きをかけた。

EVならではの優れた静粛性をさらに高めるため、床下に搭載するバッテリーは遮音壁としての効果も持たせている。また、エンジンやトランスミッションからの音がないために気になる風切り音や小石・砂の巻き上げ音にも配慮している。

このほか、走行中のサウンドにもこだわり、アクティブサウンドコントロールを採用。車両の走行状況を感じられる快適なドライビング環境を実現し、ドライバーや同乗者に心地よいサウンドを提供する。

 

高速距離は400km

「UX300e」には54.3kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。充電には最大50kWの急速充電(DC)と、最大6.6kWの普通充電(AC)に対応。ハイブリッド車で培ったモーターやインバーター、ギヤ、そしてバッテリーなどの主要装備の効率を最大化し、システム全体での性能向上を図ることで航続距離は400km(NEDCで計測した数値)を確保する。バッテリーには低温/高温下でも正常に動作するように温度調整機能を備えるほか、過充電防止システムや、多重監視のセーフネットにより高い信頼性を持たせた。

 

最新のコネクティッド技術を採用し、スマートフォンと連携することで、バッテリー残量や走行可能距離表示、充電の必要があるかなどの確認もできる。充電完了までの時間を把握できたり、出発時刻に合わせて充電が完了するようにタイマー設定もできる。さらにエアコンやシートヒーター、デフロスターなどを車外で稼働させられるなど、利便性も高めている。

安全面では、予防安全パッケージ「レクサス セーフティシステム+」を採用。交通事故や事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負荷軽減を目指したほか、運転支援時にドライバーにとって自然で安心感のある車両挙動を追究したという。

 

「UX300e」は2020年以降、中国や欧州などを皮切りに順次販売。日本での発売は2021年前半を予定している。

 

 


レクサス

https://lexus.jp