5代目「シティ」がタイで世界初公開。1L直3ターボエンジンを新搭載しタイから販売開始

ホンダは2019年11月25日、タイにおける四輪車の生産販売合弁会社ホンダオートモービル(タイランド)カンパニーリミテッドが、新型コンパクトセダン新型「CITY(シティ)」を世界初公開したと発表した。

シティはのフルモデルチェンジで5代目となる。これまで好評だった、コンパクトでありながら広々とした室内空間はそのままに、スポーティでシャープなエクステリアと上質で機能的なインテリアデザインに刷新。タイ市場向けには直列3気筒1リットルDOHC VTECターボエンジンを採用してトルクフルな走りを実現。最新の環境基準に対応しながら、現行の1.5リットル自然吸気エンジンをしのぐ力強い走りと、圧倒的な低燃費を両立する。

また、シティとして初めてとなるスポーティグレードの「RS」をラインアップした。

 

新型シティは、タイ国内での発売を皮切りに、今後ほかの国でも発売を予定している。現行モデルは国内ではグレイスとして販売されている。今後モデルチェンジが実施されれば、今回発表されたこの新型シティに置き換わるはずだが、今のところ国内導入のアナウンスはない。

 

先の東京モーターショー2019で公開されたコンパクトハッチバック「フィット」の4代目が2020年2月に発売予定だから、それ以降のタイミングになるか? 今後の動向に注目したい。

 


ホンダ

https://www.honda.co.jp