【RAV4カスタム特集】「Gram Lights」スポーツ系ホイールで 新たな魅力を引き出す[RAYS]

[TOYOTA RAV4 最新カスタムスタイルセレクション]

RAYS
Gram Lights
レイズ グラムライツ

RAV4のスポーツクロスオーバースタイルを強調する、レイズのグラムライツシリーズ。「魅せる」デザイン表現と、それをカタチにする高度な技術力は名門ブランドならでは


57XTREME REVLIMIT EDITION
57エクストリーム レブリミット エディション

[装着サイズ]18x9.5J 5穴 PCD114.3 インセット39

価格:5万3900円

 

SUVのスポーツ性を極める

オフロード色の強いRAV4だがスポーティ系カスタムも似合う。その足元にぜひ合わせたいのが、名門レイズの「グラムライツ」シリーズだ。なかでも「57エクストリーム」はシンプルかつスリムな2×6本スポークで、軽快な走りをイメージさせる。そして、軽さ・強度・剛性を鋳造製法で極めた王道デザインをベースに、あでやかな黒と鮮やかな赤でレーシングマインドを表現したのが「レブリミットエディション」だ。

リムエッジのダイヤカット部を縁取る赤ラインはタコメーターのレッドゾーン、スポーク側面に刻まれた「RAYS」の赤いロゴはメーターの指針をイメージ。ホイールをメーターに見立てる大人の遊び心と走りへの情熱をカラーリングで魅せる。

 

AZURE 57ANA
アズール 57エーエヌエー

[装着サイズ]20x9.5J 5穴 PCD114.3 インセット45

価格:6万8200円(HFカラー)/7万1500円(SAカラー)/7万3700円(RBカラー)

 

グラムライツの特徴であるスポーツテイストを保ちながら、SUVとのマッチングを意識したのがアズール。リムエンドに連なる伸びやかなスポークが、グラマラスなSUVのボディラインやオーバーフェンダーに負けない強いオーラを放つ。

「57ANA」は正面から見るとオーソドックスな2×5本スポークだが、角度を変えると表情が一変。その秘訣が業界初のマシニングとダイヤモンドカットを融合させた独自の切削処理で、光の当たり方によって切削面がさまざまな表情を見せる。

トレンドのコンケイブ(逆反り)を抑える代わりに、スポークの縦断面を強調するデザインや、光の陰影でディテールを際立たせるカラーリング(写真のRBC)で立体感を表現するあたりが、ホイールのトップランナーであり続けるレイズらしい。

 

<文=湯目由明>

*製品仕様・価格(税込み)などは掲載時のもの


<問い合わせ>

レイズ
TEL:06-6787-0019
https://www.rayswheels.co.jp