ボディは小さくとも荷室はけっこう広い。フォルクスワーゲン最小SUV、T-CROSSが受注を開始!

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年11月27日、フォルクスワーゲンのSUVシリーズでもっともコンパクトなモデル、T-CROSS(ティークロス)の日本導入を発表。同日に受注を開始し、納車は2020年1月以降としている。エンジンは1Lターボで、トランスミッションは7速DSG。駆動方式はFFのみ。価格は、導入記念特別仕様の「T-CROSS TSI 1st」が299万円、さらに装備を充実させた「T-CROSS TSI 1st Plus」が335万9000円となっている。

◼T-CROSS(FF・7速DSG)主要諸元
・全長×全幅×全高:4115mm×1760mm×1580mm
・ホイールベース:2550mm
・車両重量:1270kg
・最小回転半径:5.1m
・エンジン総排気量:999cc
・最高出力:85kW(116ps)/5000〜5500rpm
・最大トルク:200Nm(20.4kgm)/2000〜3500rpm
・WLTCモード燃費:16.9km/L
・タイヤサイズ:205/60R16 or 215/45R18

2017年に日本にも導入された2代目ティグアンの弟分に位置するT-CROSS。全長は約4.1mとコンパクトなサイズながら、後席にも大人が十分に座れる居住スペースを確保。また荷室容量は通常時で385L、後席を前方にスライドさせれば455Lと十分。後席シートスライドは最大140mm。必要に応じて後席スペースと荷室容量をやりくりできるのが強みだ。さらに後席を前倒しすれば最大1281Lと大きな荷物も積み込める。

その見た目は、スクエアで力強さを重視。かつボディサイドのピシッとしたキャラクターラインもフォルクスワーゲンの特徴だ。T-CROSS TSI 1st Plusでは、内外装のカラーを個性的に彩る3色のデザインパッケージ〈ブラック〉〈オレンジ〉〈グリーン〉を標準設定とし、ドアミラーやアルミホイールに加えてインテリアが3色から選択可能。遊び心も忘れていない。

そのほか、全車速追従機能付きクルーズコントロール、歩行者検知対応の緊急自動ブレーキ、駐車支援システム、後方死角検知機能などを特別に標準装備。

2020年中盤には、すでに本国で発表となっているT-ROCも日本導入予定。T-ROCは、ティグアンよりも小さく、T-CROSSよりも大きいモデル。フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、SUVラインアップを日本でも拡充していく予定だ。

●発表会にはモデルでサーフィン好きの三浦理志さんも登場。湘南住まいということで、「細い道でも楽ちんですし、趣味にも使い倒せそうなT-CROSSはボクにぴったりです」と語った
●ボディも小さく、エンジンも小さい、でもただ小さいだけのSUVじゃない!ということで……T-CROSSのプロモーションテーマは「T(ティー)さいSUV」

〈文=編集部〉