ヴァレオと群馬大学がタッグ! 日本初の48ボルト四輪駆動・電気軽トラックを共同制作

世界的な自動車部品サプライヤー、ヴァレオの日本法人であるヴァレオジャパンと国立大学法人群馬大学の「次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)」は2019年12月3日、日本で初となる48ボルト四輪駆動電気自動車(以下48V 4WD EV)の軽トラックのテストカーを共同で制作したと発表。

クルマからのCO2排出量削減は自動車業界が直面している大きな課題のひとつ。厳しさを増すCO2排出量規制に対応するため、高電圧のシステムより廉価に電動化を可能にする48Vシステムは、欧州や中国で導入が始まっている。ここ日本でも注目を集めつつあるが、そこで48Vシステムを世界でリードするヴァレオは、48V 4WD EVシステムの搭載を提案する。

今回、ヴァレオとCRANTSが共同で制作した48V 4WD EVには、ヴァレオの48V電動モーター(eDrive)15kWを前後軸に1台ずつ配置し、DC/DCコンバーターを1台搭載している。最高時速は100km/hで距離100kmの走行が目標だ。発進時の加速性能と走破性に優れた4WD EVを手に届きやすい価格で実現する48Vシステムは、クリーンで廉価なEV軽トラックを実現するソリューション。さらに、今後登場する軽自動車より小さくて手軽な新区分の小型モビリティに搭載も可能とのこと。

低電圧の48Vシステムは、現在日本におけるハイブリッドカーやEVの中心になっている高電圧に比べて、システムコストを抑えることが可能。電線の周囲を特に保護する必要がなく、従来の12Vと同様に扱えるのがメリットだ。なお、60V以上の高電圧システムでは、潜在的な危険性を排除するために絶縁システムを施すことが法規で義務付けられている。48Vシステムが軽量かつ廉価なのは、絶縁部材が不要であることも理由の一つ。

CRANTS副センター長の小木津 武樹氏は、「今、日本のクルマの多くは内燃機関で動いています。よりクリーンで手軽に移動する手段として電気自動車がより普及するように、ヴァレオとの共同研究を進めています」と述べた。

ヴァレオジャパン代表取締役社長アリ オードバディ氏は、「世界の電動化をリードするヴァレオは、これまでにファミリーサイズの48Vプラグインハイブリッド車、2人乗りの都市型48VフルEV、6人乗りの自動運転シャトルバス、125cc相当の出力の電動スクーター、ハイブリッド配送トラックなど、48Vテクノロジーを搭載したさまざまなテストカーを制作してきました。日本のチームが日本市場向けに開発した日本初の48V 4WD EV軽トラックは、ヴァレオが日本でも電動化をリードしていく最初の一歩です」と語っている。

〈文=編集部〉