マツダCX-5が商品改良。悪路走破性を高めてタフさを主張してきた!

マツダは2019年12月12日、グローバル販売台数の4分の1を占める基幹車種「CX-5」の商品改良を発表。4WDモデルの悪路走破性を強化するとともに、アクティブなライフスタイルをサポートするアクセサリーパッケージ「タフ スポーツ スタイル」と、明るく上品な内装が特徴の特別仕様車「シルク ベージュ セレクション」を新たに設定。同日受注を開始し、2020年1月17日より発売する。

商品改良のトピックは、CX-30より採用が始まった「オフロード・トラクション・アシスト」の搭載だ。これは、悪路における想定外のスタック時にも、4WDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化して悪路からのスムーズな脱出をサポート。さまざまな路面環境下において安心・安全の走行性能を提供する。

アクセサリーパッケージ「タフ スポーツ スタイル」は、SUVらしく力強くタフな印象のスタイリングを演出するフロント/リヤアンダーガーニッシュやルーフレール、さらにアクティブなライフスタイルを支援するオールウェザーマット、ラゲッジトレイをセットとしたものだ。価格は12万5500円。また、このセットアイテム加えて、別売りのブリリアントブラックのドアミラーガーニッシュと17インチアルミホイールの同時装着するとさらにタフさが増す。

特別仕様車「シルク ベージュ セレクション」は、上質で肌触りが心地よく、一方で滑りにくいうえに通気性がよいスエード調生地のグランリュクスをシート中心部に使用したハーフレザレットシートを採用。またLED室内照明(マップランプ/ルームランプ/ラゲッジルームランプ)や、前席用LED不トランプ&イルミネーション、LEDフロントフォグランプなどの光り物に加えて、IRカットガラスも用意される。

また今回の商品改良時に、マツダ3から採用が始まった「ポリメタルグレーメタリック」を新採用。センターディスプレイのサイズを7インチから8インチへと大型化、さらにトップシーリング材を構成するフィルムの材質を変更し、車室内に侵入したロードノイズを素早く吸収するなど快適性・静粛性の向上を図っている。

〈文=編集部〉